まくり差しに定評がある「深谷 知博(ふかや・ともひろ)」選手を紹介!

まくり差しに定評がある「深谷 知博(ふかや・ともひろ)」選手を紹介!

深谷知博(ふかや ともひろ)選手は、静岡支部に所属しており、級別はA1級の競艇選手です。

2008年にデビューし、2014年にGⅠ初優勝を飾りました。

2014年度以来、賞金獲得ランキングの100位圏内入りし、例年ランクインしています。

奥さんは大阪支部の鎌倉涼選手です。

深谷選手のプロフィールを紹介!

深谷選手はスロースタートが得意
深谷選手はスロースタートが得意

今日は3コースからのまくり差しを得意とする深谷選手を紹介するぞ

選手を知って舟券戦略の向上を目指しましょう!

  • 生年月日 1988年4月1日
  • 出身地 静岡県
  • 身長 162cm
  • 体重 52kg
  • 血液型 A型
  • 所属 静岡支部
  • 登録期 103期
  • 登録番号 4524
  • デビュー日 2008年11月15日

深谷選手は静岡県出身。

2008年11月15日に地元である浜名湖競艇場で開催された一般競走でデビューし、初勝利を飾りました。

同期には古澤光紀選手、黒井達矢選手、北山康介選手、清水沙樹選手、小野生奈選手らがいます。

イケメンレーサーとしても有名な深谷選手

深谷選手がボートレーサーを志したのは、高校生のときに浜名湖競技場でペアボートに乗って衝撃を受けたことがきっかけだと語っています。

やまと競艇学校時代から才能の片鱗をみせており、リーグ戦勝率が8.23と、かなり好成績を収めています。

2008年11月15日のデビュー戦では見事に初勝利を果たし、大型ルーキーとして大きく期待されていました。

抜群のルックスもあって、女性ファンも少なくなかったようです。

その後もつまづいた時期はあったようですが、順調に成績を上げ、2012年にはA1レーサーとなりました。

その年はGⅢの初優勝も飾っています。

2016年には結婚し、今ではお子さんもいらっしゃいます。

そんな深谷選手ですが、お子さんにはボートレーサーの道を勧めないと言います。

理由は『ボートレーサーの苦労と危険性を知っているから』だそうです。

トップレーサーの座につきながらも、そこまで言い切れるのは、甘いマスクに似合わず厳格な性格の持ち主であることを窺わせます。

奥さんは同じボートレーサー

奥さんの鎌倉涼選手
奥さんの鎌倉涼選手

深谷選手は2016年3月に大阪支部の鎌倉涼選手と結婚しました

奥さんの鎌倉選手は、2007年5月に初の平成生まれ女子レーサーとしてデビューしています。

級別はA1級で、代表的な女子ボートレーサーの1人です。

2020年5月17日にヴィーナスシリーズで産休後初の優勝を飾りました。

2020年5月17日は、深谷選手も桐生の一般競走で優勝したのじゃ

夫婦で同じ日に優勝を飾ったんですね。スゴイ!

深谷選手の特徴

2019年11月1日~2020年4月30日までの集計データによると、1コース進入時の三連対立は91%を超えています

1号艇に番組されたレースならば、ほぼ確実に舟券に絡むとみてよいでしょう。

  • 1コース進入 91.2%
  • 2コース進入 79.3%
  • 3コース進入 85.0%
  • 4コース進入 67.6%
  • 5コース進入 48.0%
  • 6コース進入 56.2%

三連対率の高い3コース進入での決まり手は、約半数がまくり差しです

深谷選手はスロースタートが得意な選手ですが、カドを取ればダッシュスタートでも約70%の確率で舟券に絡む選手です。

また、1号艇に番組されたレースは基本的に枠なり進入を守りますが、1号艇以外の場合は約20%の割合で枠なりを崩します

枠なりを崩すときは、インよりもアウト寄りのコースを選択することが多いぞ

深谷選手の出場レースは展示航走を要チェックですね

グレード別の三連対率(9月27日時点)

深谷選手はGⅢの三連対率が、一般競走の三連対率と並ぶほどの高水準を誇っています

さらに、出場したGⅢ大会では2~3回に1回の割合で優出しており、予選を高確率で勝ち抜いています。

その反面、GⅢとSGでは三連対率には約30%の開きがあります。

会場別の三連対率(9月27日時点)

深谷選手の会場ごとの三連対率は、高い会場と低い会場で30%近い開きがあります。

三連対率が高い(75%以上)会場は、三国、児島、下関です。

この3会場のなかで出場節数が多いのは三国です。

いずれの会場でも優勝した経歴を持っています。

三連対率が低い(52%以下)会場は、江戸川、蒲郡、徳山です。

しかし、桐生、多摩川、常滑、丸亀、芦屋の5ヵ所も三連対立はあまり高くありませんが、こちらでは優出や優勝を多く取っています

また、深谷選手の全出場節数の20%はホームグラウンドである浜名湖が占めており、三連対率は70%を超えています

深谷選手の主な優勝歴

深谷選手は浜名湖でGⅠを2度優勝しています
深谷選手は浜名湖でGⅠを2度優勝しています

SG

なし(優出0回)

GI

2014年11月20日 GI浜名湖賞 開設61周年記念(浜名湖競艇場)

2020年02月02日 浜名湖賞 静岡県知事杯争奪戦 開設66周年記念(浜名湖競艇場)

GⅡ

なし(優出3回)

GⅢ

2012年04月17日 GⅢ第17回ヤングヒーロー決定戦(三国競艇場)

2013年10月02日 新鋭リーグ戦 第1戦 GⅢ若鮎杯(浜名湖競艇場)

2017年11月01日 GⅢ長府製作所杯(下関競艇場)

2020年08月30日 スズキ・カープラザカップ(三国競艇場)

2020年9月現在、深谷選手はSGでの優勝経験がなく、優出もしていません。

一般競走並の高い三連対率を誇るGⅢでは、4度の優勝経験があります。

深谷選手はGⅠとGⅢに積極的に出場しており、それぞれが全出場節数の20%を占めています

GⅠの優勝は両方とも浜名湖の記念レースじゃの

GⅢは会場別三連対率の高かった三国競技場で2度優勝していますね!

賞金獲得ランキングの順位

2014年から賞金獲得ランキングで100位圏内に
2014年から賞金獲得ランキングで100位圏内に

2014年以降、深谷選手は獲得賞金ランキングの100位圏内に入るようになりました。

ボートレーサーは総勢で1600名いるので、獲得賞金ランキングでトップ100にランクインする選手は、A1の中でもトップレーサーと呼べます。

また、2015年以来例年ランクインしていることから、深谷選手は調子の波が少なく、実力が盤石になっていることが分かります

  • 2019年 3,535万9,500円 75位
  • 2018年 4,343万8,800円 46位
  • 2016年 3,357万9,000円 66位
  • 2015年 3,197万7,000円 84位
  • 2014年 3,741万9,830円 50位

まとめ:深谷選手は夫婦で鎬を削り合うパパレーサー

深谷選手はスロースタートを得意とする選手です。

例年、賞金獲得ランキングの100位圏内にランクインしている実力の持ち主です。

センターコースからのスタートでも、カドを取れば舟券に高確率で絡みます。

さらに、グレード別の三連対率にフォーカスを向けてみると、GⅢの三連対率は一般競走と並ぶほどに高く、出場したGⅢレースの4割は優出まで勝ち進んでいます。

GⅢと一般競走で深谷選手の名前を見たときは、マークしておいて損はないでしょう。

深谷選手は2016年に人気女子レーサーの鎌倉選手と結婚しています。

当時はビッグネーム同士の結婚に、競艇界が沸き上がりました。

今後とも夫婦共に期待が高まります。