お友だち向けにお得な情報配信中!!

NEW 10/26(火)〜 SG「第68回ボートレースダービー」いよいよ開幕!選手情報や予想に役立つ情報を公開中!!

全24場制覇&100V達成!優勝賞金3500万円を全額寄付!?「守田俊介(もりた・しゅんすけ)選手」を紹介

全24場制覇&100V達成!優勝賞金3500万円を全額寄付!?「守田俊介(もりた・しゅんすけ)選手」を紹介

この記事では、競艇(ボートレース)の「守田俊介(もりた・しゅんすけ)」選手について紹介します。

天才肌の選手として有名で、SG優勝賞金3500万円を全額寄付したことや、全24場制覇と100V、19歳年下の人気女子レーサーとの結婚など、話題の多い選手です! 回転寿司が大好きだという一面も。

そんな守田選手の魅力やレースの特徴、優勝歴・獲得賞金などについて、たっぷりお伝えします!

守田俊介(もりた・しゅんすけ)選手 プロフィール

第55回ボートレースクラシックにて
第55回ボートレースクラシックにて

守田選手のプロフィールをご紹介します。

  • 生年月日 1975年8月12日
  • デビュー 1994年5月11日
  • 身長 172cm
  • 体重 53kg
  • 血液型 A型
  • 出身地 京都府
  • 支部 滋賀支部
  • 登録期 74期
  • 登録番号 3721
  • 級別 A1級

ニックネームは「きもりやん」

本人のTwitterも、「きもりやん」という名前でやっているようですよ。

私生活では、2019年に19歳年下の人気女子レーサ森田太陽選手と結婚しています。

お互い名字が「モリタ」ということで、「Wモリタ婚」として話題になりました。

無類の回転寿司好きであり、ブログやTwitterでは回転寿司店に訪れる様子をたびたび伝えています。

しかし、好きな食べ物は「寿司」ではなく「ガリ」らしく、「かっぱ寿司、くら寿司、スシロー、それぞれのガリを目隠しをして食べて言い当てることができる」と話しているほどです!

回転寿司好きなんて、親近感が湧きます~!

家族を支えるためにボートレーサーの道へ

第30回グランドチャンピオンにて
第30回グランドチャンピオンにて

守田選手がボートレーサーになろうと決心したのは、高校時代に両親が離婚し、母親と妹弟を支えるためだったそうです。

ボートレーサーの他にも、競輪選手、競馬の騎手も選択肢にあったようですが、自分には合わないと断念。

そのタイミングで母親から「ボートレーサー養成所」の広告を渡され、受験を決意します。

ボートレーサー養成所への合格は狭き門で、入るために何度も試験に挑む選手もいる中、守田選手はたった1回目の受験で合格し、74期生の最年少選手として本栖研修所に入所しました。

家族を支えるために養成所に入り、ボートレーサーとして現在も大活躍している守田選手、かっこいいですね。

家族想いの優しい一面が垣間見えます

なんかジーンとしちゃいました…

本当にカッコいいのぉ

デビュー直後から天才肌の選手との評価される守田選手

守田選手のデビューは1994年5月のびわこ競艇場にて。

デビュー直後からスタート力とハンドル捌きに定評があり、天才と評価されていました。

1994年9月には福岡競艇場で初勝利を飾り、そしてデビューからわずか2年10カ月後にはSG初出場を果たします。

さらにSG初出場の翌年にはA1級に昇格しているほどのスピード。

勢いが止まりませんね!

2019年には全24場制覇&100V・通算2000勝達成

第34回グランプリ/グランプリSにて
第34回グランプリ/グランプリSにて

守田選手の勢いは、現在もなお止まりません。

2019年には、9月に多摩川ボートの12R優勝戦をイン逃げで制し、史上28人目の全24場制覇と合わせて、通算100回目の優勝を達成

10月には、史上127人目の通算2000勝を獲得しています。

インタビューの中で守田選手は、毎回のレースで手を抜かずに一生懸命に走った結果いつの間にか勝ちが積み重なっていただけで、たまたま達成できたのだと語っていました。

たまたま達成しただなんて、かっこよすぎます…。

全国に24場ある競艇場はそれぞれ水面特徴やレイアウトが異なり、競艇場に合わせてスタートやレーススタイルなどを変えなければなりません。

そんな条件の中で24場制覇するというのは、一流の技術力・実力を持った選手にしかできないことなのです。

守田選手が天才と呼ばれる理由が分かってきました

非常に素晴らしい成績じゃ!!!

守田選手のレース特徴は自在⁉

守田選手の進入は、基本的に枠なり進入ですが、アウトコースに入った時は少しでもイン寄りのコースに入るように動くことが多いです。

しかし、6号艇の際にインを狙うようなことはしません

平均スタートタイミングは0.13と、早いスタートタイミングとなっています。

以前は年に1・2回、フライングしてしまうことがありましたが、現在はスタート事故がほとんどなく安定しています。

操縦技術に定評があり、どのコースに入っても舟券に絡んでくることを想定しておきたい選手です。

24場制覇するほどですものね

SG・GⅠの優勝歴は?

次に、守田選手の優勝歴についてご覧ください。

主に一般戦での優勝が多い選手ですが、SGでは2回も優勝しています。

【SGの優勝歴】

  • 第62回 ボートレースダービー(2015年10月25日・浜名湖)
  • 第65回全日本選手権競走(2018年10月28日・蒲郡)

【GⅠの優勝歴】

  • 第46回 近畿地区選手権競走(2003年2月20日・びわこ)
  • オールジャパン竹島特別 開設54周年記念競走(2009年5月17日・蒲郡)
  • 開設61周年記念 びわこ大賞(2014年3月9日・びわこ)
  • 開設66周年記念 琵琶湖大賞(2018年9月17日・びわこ)

守田選手の獲得賞金は?

100Vを達成している守田選手、気になる獲得賞金について調べてみました! 以下は、2013年~2019年までの7年分のデータです。

  • 2013年:63位 35,382,830円
  • 2014年:56位 36,493,180円
  • 2015年:8位 86,182,000円
  • 2016年:61位 34,704,000円
  • 2017年:41位 43,348,000円
  • 2018年:8位 86,254,300円
  • 2019年:48位 42,480,666円

ちなみに、2020年9月15日現在のランキング16位、賞金は50,640,000円となっています。

すでに2016年・2017年度の金額を超えていますね! 今年も素晴らしい成績になるのではないでしょうか?年間の結果がとても楽しみです!

2015年SG優勝賞金は東日本大震災に全額寄付

守田選手は、2015年のダービー初制覇の際、優勝賞金の3500万円を東日本大震災に全額寄付しています。

当時守田選手自身に東日本大震災の被害はなかったものの、報道される映像にショックを受け、何か役に立てることはないかと現地まで足を運んだほどだそう。

その時に「SGを優勝するようなことがあったら全額寄付する」と決めていたそうです。

守田選手は、「誇れるようなことが出来て良かった」と話しています。

賞金を全額寄付するというのは、なかなか出来ない素晴らしい行動だと思います。

賞金全額はすごいですね…!

感動してしまうのぉ

まとめ:守田選手は思いやりのある天才レーサー

第34回グランプリ/グランプリSにて
第34回グランプリ/グランプリSにて

24場制覇や100V、2000勝達成など、素晴らしい成績を残す守田選手。

「天才」と呼ばれる理由が分かりましたね。

ボートレーサーになったきっかけは家族を支えるためだということや、優勝賞金を全額寄付するなど、とても思いやりのある姿が印象的でした。

また、回転寿司が大好きなところなど、親しみやすさを感じさせる部分も魅力のひとつだと思います。

これからもどんなレースを見せてくれるのか、楽しみですね!

完全にファンになりました!

選手の人となりを知ると、レースを見るのがもっと楽しくなるのぉ