お友だち向けにお得な情報配信中!!

NEW 10/26(火)〜 SG「第68回ボートレースダービー」いよいよ開幕!選手情報や予想に役立つ情報を公開中!!

安定感が魅力!キャッチフレーズは寡黙なる闘神「中島孝平(なかじま・こうへい)」選手を紹介

安定感が魅力!キャッチフレーズは寡黙なる闘神「中島孝平(なかじま・こうへい)」選手を紹介

この記事では、競艇(ボートレース)の中島孝平(なかじま・こうへい)選手について紹介します。

福井県出身で、福井支部のエースである中島選手。

ピットで黙々と作業に専念し、レースをこなす姿から、「寡黙なる闘神」というキャッチフレーズが2013年の賞金王決定戦出場時に付けられました。

2010年には賞金王になった経験も!

そんな「寡黙なる闘神」中島選手の魅力・特徴・レーススタイル等をたっぷりお伝えしていきます!

中島孝平(なかじま・こうへい)選手 プロフィール

第21回チャレンジカップにて
第21回チャレンジカップにて

中島選手のプロフィールをご紹介します。

  • 生年月日 1979年11月8日
  • デビュー 1999年5月
  • 身長 160cm
  • 体重 53kg
  • 血液型 AB型
  • 出身地 福井県
  • 支部 福井支部
  • 登録期 84期
  • 登録番号 4013
  • 級別 A1級

同期には笠原亮選手中村有裕選手がいます。

師匠は武田光史選手

新人の頃、師匠の武田選手に「絶対にフライングはするな」と教えられ、今でもそのことを意識して走っているそうですよ。

デビューは1999年5月三国競艇場で開催された一般競走で、6コースから抜きを決めて初勝利を飾りました。

デビューしてすぐに勝利するなんて、勢いがありますよね! その勢いのまま好成績を残し、2002年度の最優秀新人選手に選出されるなど、早くから注目されていました。

2010年には賞金王となり、2013年10月に平和島競艇場で開催された「第60回全日本選手権」では、2コースから差しを決め通算1000勝を達成しています。

それでは、中島選手のレーススタイル等について詳しく見ていきましょう!

賞金王にもなったことがあるんですね!

華やかな成績じゃな!

中島選手のレーススタイル・特徴は?

第23回オーシャンカップにて
第23回オーシャンカップにて

中島選手は、着実なレース運びで安定感が魅力の選手です。

進入は基本的に枠なり進入で、インであればあるほど成績が良い傾向にあります。

1コースの3連対率は96.0%と高く、2コースから5コースまでは50%を超える数値となっています。

どのコースからでも上位を狙える実力のある選手ですが、近年外寄りのコースからのみ勝ちきれない傾向があります。

平均スタートタイミングは0.16と平均的で、スタート事故も少ないです。

得意な水面は三国・津・平和島!

基本的にどの競艇場でも上位になれる実力を持つ選手ですが、競艇場別での3連対率を見ていくと、地元である「三国競艇場」が79.2%「津競艇場」が74.6%「平和島競艇場」が73.8%と高い数値をマークしています。

中島選手がこれら競艇場でのレースに出場の際は、要チェックですね!

選手にもそれぞれ得意な水面があるんですね~!

場別成績を見てみると良いぞ!

SG・GI・GIIでの優勝歴

レース前の中島選手
レース前の中島選手

つぎに、中島選手の優勝歴を見ていきましょう。

中島選手はSGを2勝GIを6勝GIIを2勝しています(2020年9月現在)。

【SGの優勝歴】

  • 第25回賞金王決定戦(2010年12月・住之江)
  • 第45回笹川賞(2018年5月・尼崎)

【GIの優勝歴】

  • 三国モーターボート大賞(2007年7月・三国)
  • 赤城雷神杯競走 開設52周年記念(2008年9月・桐生)
  • 全日本王者決定戦 開設57周年記念競走(2010年5月・唐津)
  • 大渦大賞 開設57周年記念競走(2010年7月・鳴門)
  • 開設56周年記念 トーキョー・ベイ・カップ(2011年2月・平和島)
  • 第56回 近畿地区選手権(2013年2月・三国)

【GIIの優勝歴】

  • モーターボート大賞(2012年4月・三国)
  • INAX杯争奪第32回とこなめ大賞(2020年6月・常滑)

2011年平和島で行われた「開設56周年記念 トーキョー・ベイ・カップ」では、豪雪の影響で交通機関不通により2日目からの参戦となりましたが、予選トップ通過で優勝という素晴らしい結果となり、話題になりました。

2010年の住之江競艇場で行われた「第25回賞金王決定戦競走」では、2コースからのまくりを決めSG初優勝賞金1億円を獲得し、2010年の賞金王に輝きました。

それでは、中島選手の気になる獲得賞金について見ていきましょう!

中島選手の獲得賞金は?

まず、過去の獲得賞金をまとめてみました(2010年~2019年)。

  • 2019年:ランク外(35,808,00円以下)
  • 2018年:7位 86,562,000円
  • 2017年:27位 50,468,200円
  • 2016年:31位 47,931,000円
  • 2015年:14位 63,742,000円
  • 2014年:33位 44,993,000円
  • 2013年:4位 110,788,600円
  • 2012年:15位 60,895,000円
  • 2011年:31位 45,157,000円
  • 2010年:1位 193,812,000円

ご覧の通り、2010年と2013年には1億円を超える賞金を獲得しています! ランキングは常に上位!素晴らしいですね。

しかし、2019年はランク外となってしまっています。

その理由は何なのでしょうか?気になったので調べてみました。

スゴイ額です!!

賞金王になった2010年はほぼ2億円じゃな!

2019年ランク外となった理由は…?

中島選手は、2019年5月の「第46回ボートレースオールスター」で航法指示違反(周回誤認)のため、3ヶ月間の出場停止処分、2020年の大村ダービーまでSGの選考から全て除外となり、長期間にわたり苦境を味わいました。

そのため、本来の実力を発揮できない状況になっており、2020年前期にA2級に降格してしまいました。

しかし、2020年後期にはA1級に昇格! ちなみに、2020年9月現在のランキングは68位 31,615,333円となっています! 処分が解けた今後の活躍がまた楽しみですね。

競艇は罰則が厳しいですからね…

まとめ:中島選手は安定感が魅力のバランスが取れた選手

ボートを運ぶ中島選手
ボートを運ぶ中島選手

「寡黙なる闘神」と呼ばれるように、ピットでは黙々と作業に専心する中島選手。

基本的にはレース・コースなどに関係なく実力を発揮する、安定感と技術力のある選手だということが分かりました。

インであればあるほど成績が良いという近年の傾向も加味して、予想をしていきたいですね。

2019年は処分により苦しい結果となりましたが、2020年はGIIでの優勝など既に活躍が目立ってきていますので、今後がとても楽しみです!

「寡黙なる闘神」ってカッコいいです…

今後さらに注目すべき選手じゃな!!