お友だち向けにお得な情報配信中!!

NEW 10/26(火)〜 SG「第68回ボートレースダービー」いよいよ開幕!選手情報や予想に役立つ情報を公開中!!

ニシタクの愛称で親しまれる「西村 拓也(にしむら・たくや)」選手を紹介

ニシタクの愛称で親しまれる「西村 拓也(にしむら・たくや)」選手を紹介

西村拓也(にしむら たくや)選手は、大阪支部に所属しており、級別はA1級の競艇選手です。

2006年にデビューし、2012年にG3初優勝を飾りました。

インコースはもちろんのこと、センターコーススタートでも舟券に絡みやすい選手です。

ニシタクという愛称で競艇ファンから親しまれています。

2018年9月に結婚して以来、急激に成績を上げている選手です。

西村選手のプロフィールを紹介!

西村選手の愛称は「ニシタク」!
西村選手の愛称は「ニシタク」!

西村選手は大阪府出身。

ボートレース好きの父親の影響でボートレーサーを志しました。

2006年5月22日に住之江競艇場でデビューしました。

同期には平山智加選手、松田祐季選手、松本晶恵選手らがいます。

今日は「ニシタク」の愛称で親しまれる、秋山選手を紹介するぞ

選手を知って舟券戦略の向上を目指しましょう!

  • 生年月日1986年12月1日
  • 出身地大阪府
  • 身長164cm
  • 体重52kg
  • 血液型A型
  • 所属大阪支部
  • 登録期98期
  • 登録番号4397
  • デビュー日2006年5月22日

西村選手の特徴を紹介! ダッシュスタートも得意!?

コース別3連対立(9月24日時点)

2019年11月1日~2020年4月30日までの集計データによると、1コース進入時の三連対立は91%を超えています。

1号艇に番組されたレースは、ほぼ確実に舟券に絡むとみてよいでしょう。

  • 1コース進入96.8%
  • 2コース進入81.0%
  • 3コース進入72.7%
  • 4コース進入71.4%
  • 5コース進入45.0%
  • 6コース進入46.2%

西村選手は2~4コース進入の三連対率も70%を超えています。

しかし、アウトコース進入になると三連対率は50%近くまで下がります。

センターとアウト進入で三連対立に20%以上の開きがありますので、展示航走は要チェックです。

また、西村選手はよく枠なり進入を崩します

(確率にして1号艇の時は10%、1号艇以外に番組されたレースでは約25%ほどになります) 崩す際は、アウト寄りのコースを取ることも多く、6コースを選択することも少なくありません。

インコースが得意な選手ですが、あえてダッシュスタートを選択することが多々あります。

西村選手はアウトコース進入でも、約50%の確率で舟券に絡む選手じゃ

西村選手の出場レースは予想が難しいですね!

グレード別の三連対率(9月24日時点)

  • SG53.7 %(11節出場:優出1回、優勝0回)
  • GⅠ54.7 %(75節出場:優出7回、優勝0回)
  • GⅡ61.2 %(9節出場:優出2回、優勝0回)
  • GⅢ74.5 %(55節出場:優出21回、優勝5回)
  • 一般72.4 %(245節出場:優出107回、優勝26回)
  • 総計68.8 %(計395節出場:優出138回、優勝31回)

西村選手はGⅢでの成績がとても良く、約1/3の割合で優出しています

また、一般競走の大会でも約40%の割合で優出、約10%の割合で優勝しており、こちらも非常に優秀な成績を残しています。

その反面で、SGとGⅢでは三連対率が20%以上の開きがあります。

舟券を買う際は、このことも念頭に入れる必要がありそうです。

会場別の三連対立(9月24日時点)

  • 桐生76.8 %(10節出場:優出3回、優勝2回)
  • 戸田77.5 %(17節出場:優出8回、優勝2回)
  • 江戸川70.7 %(10節出場:優出3回、優勝2回)
  • 平和島59.6 %(14節出場:優出3回、優勝0回)
  • 多摩川66.0 %(6節出場:優出2回、優勝0回)
  • 浜名湖73.0 %(14節出場:優出5回、優勝1回)
  • 蒲郡64.2 %(14節出場:優出4回、優勝1回)
  • 常滑61.5 %(19節出場:優出8回、優勝2回)
  • 津67.8 %( 9節出場:優出3回、優勝0回)
  • 三国73.6 %(18節出場:優出9回、優勝0回)
  • びわこ62.9 %(19節出場:優出6回、優勝1回)
  • 住之江67.9 %(95節出場:優出31回、優勝6回)
  • 尼崎62.9 %(19節出場:優出7回、優勝2回)
  • 鳴門65.8 %( 9節出場:優出3回、優勝0回)
  • 丸亀59.5 %( 9節出場:優出2回、優勝1回)
  • 児島79.4 %(11節出場:優出7回、優勝2回)
  • 宮島65.0 %(15節出場:優出2回、優勝0回)
  • 徳山72.4 %(15節出場:優出7回、優勝1回)
  • 下関74.5 %(15節出場:優出7回、優勝3回)
  • 若松69.4 %(9節出場:優出2回、優勝0回)
  • 芦屋71.5 %(12節出場:優出3回、優勝1回)
  • 福岡69.4 %(14節出場:優出3回、優勝1回)
  • 唐津70.3 %(11節出場:優出6回、優勝1回
  • 大村78.0 %(11節出場:優出4回、優勝2回)

一番出場節数が多いのは会場は住之江で、年間約6節出場しています。

西村選手の全出場レースのうち、約1/4は住之江で行われた大会です。

そんな住之江での三連対率は67.9%です。

三連対立の高い(76%以上)会場は、桐生、戸田、児島、大村です。

いずれの会場も出場節数は特別多いわけではありません。

逆に三連対立の低い(60%以下)会場は、平和島、丸亀です。

しかし、三連対立こそ低いですが、どちらの会場にも優出や優勝の経験はあるため、季節やその他別の要因で連敗が続いたとも取れるデータです。

住之江は出場節数が多い上に、70%近い三連対立を保持しておるぞ

住之江の大会で西村選手をみたら、マークですね!

西村選手の主な優勝歴を紹介!

SG

なし(優出1回)

GⅠ

なし(優出7回)

GⅡ

なし(優出2回)

GⅢ

  • 2012年2月13日徳山新鋭リーグ第1戦(徳山競艇場)
  • 2012年4月23日新鋭リーグ戦競走第7戦 フェニックスカップ(芦屋競艇場)
  • 2015年7月 7日第2回イースタンヤング(住之江競艇場)
  • 2019年7月17日第30回アサヒビールカップ(住之江競艇場)
  • 2020年9月22日第19回シモデンカップ(児島競艇場)

西村選手はGⅢと一般競争が特別成績の良い選手なのじゃ

予選をかなりの確率で突破していますからね!

2019年の賞金獲得ランキングで100位圏内に初ランクイン

西村選手は結婚してから絶好調!
西村選手は結婚してから絶好調!

結婚して翌年の2019年に、西村選手は初めて賞金獲得ランキングの100位圏内にランクインしました。

(また、2020年9月現在、今年度のランキングの50位内に西村選手の名前が確認できます) このまま2年連続で100位圏内にランクインすることができるのでしょうか。

期待が高まります。

  • 1位 石野貴之選手 2億2,564万2,666円
  • 2位 毒島誠 1億7,941万9,000円
  • 3位 吉川元浩 1億6,189万6,000円
  • 4位 桐生順平 1億4,964万1,000円
  • 5位 瓜生正義 1億2,461万5,000円
  • 6位 白井英治 1億1,945万7,000円
  • 7位 峰竜太 1億1,812万5,000円
  • 8位 井口佳典 1億733万5,266円
  • 9位 馬場貴也 1億284万7,932円
  • 10位 田村隆信 1億144万5,000円
  • 43位 西村拓也 5,037万4,800円

西村選手のひととなりを知ろう!

西村選手はけっこうオチャメ
西村選手はけっこうオチャメ

6回か11回ジャンプするそうです。

6は『6位でもいいか』という意味で、11は『ピンピン』という意味があるらしいです。

モーターが合わず、望み薄なレースは6回跳ぶことが多いそうです。

結婚してからの好調について

西村選手は2018年の4月から5月下旬までの2か月間、膝の故障が原因で欠場していました。

復帰後もしばらく不調が続きましたが、自身の結婚式を目前にした9月以降、大躍進の活躍をみせ始めます。

2019年2月に投稿された東スポwebのインタビュー記事では、『結婚して守るものが増えてから、しっかりと稼ぐという意識がでてきた』といったことが語られていました。

家庭を持つことで芽生えた意識が好成績に繋がったようですね。

また、同インタビューでは『当面の目標は記念レース(G1以上の競走)優勝』とも語っています。

西村選手は2018年に奥さんと、サンテレビの『ボートの時間』に出演しておるぞ

新婚の初々しいお二人は必見ですね!

まとめ:ニシタクで親しまれる西村選手は住之江の星!

ニシタクの愛称で親しまれる西村選手は、インコースとセンターコース進入の勝率が特に高く、アウトコース進入でも約50%の確率で舟券に絡みます。

さらに、高確率で枠なり進入を崩すため、番組によっては予想を困難にさせる選手です。

しかし、予想を困難にさせるというのは、転じていえば西村選手をチェックしておけば高額の的中舟券を掴むチャンスを得るということです。

特に、GⅢ・一般競争においては、かなりの確率で好成績を残しているため、マークしておいて損はないでしょう。

2018年の結婚以来、好調が続く西村選手。

この勢いはいったいどこまで突き抜けていくのでしょうか。

今後とも目が離せません。