可愛すぎる!ボートレース界のヒロイン「大山千広(おおやま・ちひろ)」選手ってどんな人?

可愛すぎる!ボートレース界のヒロイン「大山千広(おおやま・ちひろ)」選手ってどんな人?
この記事では、競艇(ボートレース)の大山千広(おおやま・ちひろ)選手について紹介します。 可愛らしいルックスでも話題の大山千広選手がボートレーサーになったきっかけや、その実力の裏に隠されたストイックな姿など、彼女の魅力をたっぷりお伝えします

大山千広(おおやま・ちひろ)選手 プロフィール

笑顔がキュートな大山千広選手
笑顔がキュートな大山千広選手

キュートな笑顔で競艇ファンのみならず、いまや世間を魅了する大山千広(おおやま・ちひろ)選手。福岡県出身の24歳です。

その可愛らしいルックスからも、ファッション誌やテレビの密着取材を受けるなど注目の的です。

しかし決して可愛いだけではなく、男子顔負けの実力の持ち主

2019年にはG1レディースチャンピオン初出場にして、史上最年少で優勝を果たしました。

さらに同年23歳にして賞金女王に輝き、ボートレース最優秀女子選手にも選出されています。

  •  生年月日 1996年2月5日
  •  デビュー 2015年5月
  •  身長 161cm
  •  体重 46kg
  •  血液型 O型
  •  出身地 福岡県飯塚市
  •  支部 福岡支部
  •  登録期 116期
  •  登録番号 4885
  •  級別 A1級

艇界初の母娘レーサーとして注目を集める

初の母娘レーサーとなった大山千広選手
初の母娘レーサーとなった大山千広選手

大山千広選手が競艇(ボートレーㇲ)の世界に飛び込んだ理由は、母親である元ボートレーサー、大山博美選手(2018年引退)に憧れて

大山千広選手のデビューにより艇界初の母娘競艇選手(ボートレーサー)となり、デビュー当時から注目を集めました。

幼い頃から母の試合を観ていたという大山千広選手は、男子選手と一緒のレースで戦い、そして勝つ母の姿に憧れを抱き、10歳の頃には競艇選手になりたいと思い始めます。

高校卒業後には、夢を追いボートレーサー養成所に入りましたが、訓練の厳しさに挫折しそうになることもあったそうです。

しかし、母との手紙のやり取りの中にあった「一緒に走ってみたい」という言葉を励みに、1年間の訓練を経て見事にデビューを果たしました。

デビュー初勝利は母娘対決

デビュー直後は思うように成績を出せない日々が続き、順風満帆とはいきませんでした。

そんな中、デビューから1年経った2016年5月、若松競艇場の「G3オールレディースJALカップ」にて、127走目で水神祭を達成。

豪快なまくりで初白星を挙げました。

なんとこのレースには、インに母・大山博美元選手が構えていました。

つまり、初白星と同時に母に初めて勝ったレースでもありました。

レース後には母に「おめでとう」と声をかけてもらい、嬉しかったとのことです。

後のインタビューでも、母の大山博美元選手は娘の初勝利をとても嬉しそうに語っています。

母の背中を追って育った娘が母を超えた瞬間、そして母娘の絆にとても熱いものを感じますね。

目指すは強い男子に勝ち、女子初のSG制覇

夢はSG制覇だという大山千広選手
夢はSG制覇だという大山千広選手

ボートレースの魅力は、男子選手と女子選手が一緒に走り競い合うスポーツだという大山千広選手。

男女は体の作りが違うので、どうしても超えられない壁はありますが、それでも女性が勝つことも珍しくないのが競艇。

子供の頃に、母が男子選手に勝つ姿を見て「かっこいい」と感じたことをきっかけに、ボートレーサーになった今、男子に勝ちたいという想いは誰よりも強いと話しています。

そんな大山千広選手の夢は、強い男子選手を倒してのSG制覇

過去にSG制覇を成し遂げた女性選手はまだ居ませんが、だからこそそれを成し遂げてみたいと話しています。

「誰もやったことのないことをやってみたい」という姿勢、とても格好良いですね。

女子初のSG制覇に最も近いとも言われる大山千広選手、今後が楽しみです。

SG初出場時の投票は全体4位、女子1位の人気

2019年3月、第46回笹川賞の出場が発表され、SG初出場が確定しました。

まずは第一歩としてSG出場を目標にしていた大山千広選手の、夢が叶った瞬間です。

その際の得票数は以下の通りでした。

  •  1位 峰竜太選手 28,420票
  •  2位 毒島誠選手 17,802票
  •  3位 桐生順平選手 14,956票
  •  4位 大山千広選手 13,294票

トップレベルの男子選手に混ざり、なんと全体では4位、女性選手の中では1位の人気を誇りました。

SG出場により、強い男子選手との差を肌で感じ、自分に足りないものが分析できて勉強になったそうです。

そして、より一層「強い男子選手に勝ちたい」という気持ちが増したと話しています。

差を感じて諦めてしまうのではなく、逆に燃えて前向きに頑張る姿勢が素晴らしいですね。

賞金女王、最年少優勝を遂げた2019年

2019年の賞金は5600万円を突破

2019年賞金女王に輝いた大山千広選手
2019年賞金女王に輝いた大山千広選手

23歳という若さで賞金女王に輝いた2019年、その賞金はなんと5600万円を超えました

2019年の獲得賞金ランキングを見てみましょう。

  • 1位 大山千広選手 56,836,000円
  • 2位 遠藤エミ選手 53,936,000円
  • 3位 今井美亜選手 45,762,000円

3位の今井美亜選手に対して1000万円もの差をつける大山千広選手、お見事ですね。

この結果に対し、大山千広選手は「賞金女王になれたのは運が良かっただけで、実力とはまだ釣り合っていない」と話しています。

現状に満足せず、謙虚な姿勢がとても好感を持てます。

レディースチャンピオンで史上最年少優勝

さらに、プレミアムGI第33回レディースチャンピオンでは史上最年少記録で優勝しました。

それでもまだ自分自身が納得のいくレースは出来ていないと語っています。

記録には満足はしておらず、自分の足りないものが分かったことの方が収穫だったそうです。

賞金女王に史上最年少優勝という、こんなに素晴らしい成績を収めても浮つかず、冷静に自分を分析し努力を怠らない大山千広選手、応援したくなりますね。

女性ファンにも大人気な大山選手の私生活は?

メディアの取材を受けることも多い大山千広選手。

最初は戸惑うこともあったそうですが、女性ファンが増えている実感があり、最近は素直に嬉しいと語っています。

オフの日は、美容院やネイルサロン、エステに行ったり、ショッピングをしたりするそうです。

また、スイーツを食べることも大好きなんだとか。

女の子らしいキュートな私生活が垣間見えますね。

趣味は少年漫画を読むことで、『ワンピース』や『キングダム』、『進撃の巨人』などが好きみたいです。

他にもバラエティ番組を見ることが好きだそうで、なんだか親近感が湧きますね。

キュートなルックスなだけではなく、親近感の湧く私生活、そしてストイックにボートレースに打ち込む姿に、男性ファンのみならず女性ファンも多い理由が分かりますね。

大山千広選手をきっかけに、ボートレースに興味を持つ女性も多いようですよ。

まとめ:「大山千広(おおやま・ちひろ)」選手は冷静でストイック

実力もあり可愛らしく、若くして賞金女王にも輝く大山千広選手ですが、それでも冷静に自分を分析し、どんな結果にも舞い上がらずに努力を重ねる姿は、見習いたくなります。

練習では、自分よりも強い先輩と一緒に走り、あえてこてんぱんにされて、力の差を感じ自分に足りないものを考えるのだそうです。

ストイックに練習を重ね、着実に結果につなげている姿が印象的です。

女性初のSG制覇に着実に近づいていく彼女の姿を、これからも応援したいですね。

今後の活躍がとても楽しみです!