競艇(ボートレース)の「吉川元浩(よしかわ・もとひろ)」選手!不屈の精神を解説!!

競艇(ボートレース)の「吉川元浩(よしかわ・もとひろ)」選手!不屈の精神を解説!!

競艇選手といえどもやはり人間。それぞれが十人十色であり、その人柄も様々です。

今回この記事で取り上げる競艇選手(ボートレーサー)の吉川元浩選手は、その中でも勝利にかける想いや諦めない気持ちがトップクラスに強い選手と言えます。

その強靭な心と競艇にかける熱い思いはどれほどのものかを徹底解説します。

吉川元浩(よしかわ・もとひろ)選手 プロフィール

吉川元浩選手
吉川元浩選手

「ゲンコー」という呼び名で親しまれる吉川元浩(よしかわ・もとひろ)選手。

ボートレーサー養成所を受験した当時、吉川元浩選手はすでに22歳と当時の年齢制限の上限であり、デビュー時には24歳という、当時としては高い年齢でのデビューでした。

  • 生年月日 1972年9月7日
  • デビュー 1996年11月17日
  • 身長 164cm
  • 体重 51kg
  • 血液型 O型
  • 出身地 兵庫県
  • 支部 兵庫
  • 登録期 79期
  • 登録番号 3854
  • 級別 A1級

しかし吉川元浩選手はその年齢的なハンデ乗り越え、デビュー以降も競艇選手(ボートレーサー)としての努力を堅実に積み重ねています。

サラリーマンからの転身

兵庫県立兵庫工業高等学校卒業後、兵庫県内の建築会社にてサラリーマンとして働いていた吉川元浩選手。

その人生に転機が訪れたきっかけは、吉川元浩選手がサラリーマンとして働いていた当時に発生した未曾有の大災害でした。

1995年1月17日、早朝の関西地方を最大震度7という大きな地震が襲いました。

6000人以上の死者を出した歴史的な大災害、阪神・淡路大震災です。吉川元浩選手が当時住んでいた家もその激しい揺れにより全壊し、さらに職場も被害を受けました。

それまでサラリーマンとして安定した生活を送っていた吉川元浩選手は避難所生活を余儀なくされ、肉体的にも精神的にも追いつめられた状態となってしまいました。

そんな状態の中、吉川元浩選手は会社の同僚から競艇選手(ボートレーサー)としての道を勧められ、その道に進むことを志したのです。

競艇選手(ボートレーサー)として遅咲きのデビュー

ボートに乗る吉川元浩選手
ボートに乗る吉川元浩選手

同僚からの勧めにより競艇選手(ボートレーサー)としての道を歩むことになった吉川元浩(よしかわ・もとひろ)選手は1995年、22歳という年齢でボートレーサー養成所に入所をしました。

15歳から入所をすることのできるボートレーサー養成所の入所者は殆どが10代であり、22歳という年齢で入所をした吉川元浩選手は入所者としては年齢が高く、当時の年齢制限の上限でした。

しかし吉川元浩選手はその年齢的なハンデを克服するため死に物狂いで訓練に励み、なんとトップクラスの成績でボートレーサー養成所を卒業しました。

こうして吉川元浩選手は競艇選手(ボートレーサー)として念願のデビューを果たしたのです。

1996年11月17日、尼崎競艇場で開かれたそのデビュー戦では、吉川元浩選手はいきなり1着でのゴールを決めます。

そしてさらにデビューからまだ間もない1997年4月には、早くも優勝戦への初出場まで果たしました。

このように、吉川元浩選手のデビュー直後の競艇選手(ボートレーサー)としての勢いは凄まじいものがありました。

しかし、その後の吉川元浩選手を待っていたものは、途方もない苦難でした。

何年も続いた苦難の道

険しい表情の吉川元浩選手
険しい表情の吉川元浩選手

競艇選手(ボートレーサー)として念願のデビューを果たし、好スタートを切ったかに思えた吉川元浩選手ですが、その道は決して順風満帆というわけではありませんでした。

競艇選手(ボートレーサー)であれは誰しもが憧れるもの、それは競艇(ボートレース)最高峰のレースであるスペシャルグレード(通称SG)での優勝です。

競艇選手(ボートレーサー)達は皆、このSGでの優勝を目標としています。

もちろん吉川元浩選手も、SGでの優勝を目指し何度も挑戦をしました。

しかし、何度挑戦をしてもうまくいかず、優勝戦には上り詰めたものの、肝心の優勝には手が届かない..という苦い経験を何度もしました。

やがてデビューから10年が経過しても、その苦しい状態は変わりませんでした。

しかし、吉川元浩選手は決して諦めずに挑戦をし続けます。

そしてデビューから11年もの歳月が経過した2007年12月、その時は訪れました。

涙のSG初優勝

2007年12月24日、吉川元浩選手は福岡競艇場にて開かれた第22回賞金王決定戦(格付けはSG)に初出場をしました。

そして勝ち進み、実に8度目となるSG優勝戦への出場を決めます。そして1番人気の中、ついにSGでの初優勝を勝ち取ったのです

そのレースが終わった後、吉川元浩選手は涙を流しました。デビューから実に11年

憧れ続け、諦めずに努力をし続けて勝ち取った執念のSG初優勝。吉川元浩選手がそれまで貯め込んでいた色々な思いが一気に涙となって溢れ出た、最高の瞬間でした。

この吉川元浩選手のSG初優勝までの経緯はテレビ番組等でも取り上げられるほどの感動を呼び、競艇(ボートレース)界でも有名なストーリーとなりました。

このことからも分かる通り、吉川元浩選手の競艇(ボートレース)にかける想いの強さは計り知れないものでしょう。

諦めないことや、努力を地道にやり続けることの大切さを改めて思い出させられます。

遅咲きの快進撃

優勝し笑顔の吉川元浩選手
優勝し笑顔の吉川元浩選手

涙のSG初優勝から10年以上が経過した2019年、吉川元浩選手に再び大きな感動が訪れます。

2019年3月21日、戸田競艇場にて開かれた第54回総理大臣杯にて、吉川元浩選手は2度目のSG優勝を果たします。

そしてさらに同年5月26日には、福岡競艇場にて開かれた第46回笹川賞でも優勝を飾り、初のSG2連続優勝となったのです。

これらの2つのレースはそれぞれ平成最後のSG・令和最初のSGであり、実に縁起の良い連覇であることが言えます。

そしてその連覇から1年も経たない2020年3月22日には、吉川元浩選手は第55回総理大臣杯で優勝を飾ります。

吉川元浩選手の4度目のSG優勝であり、さらに総理大臣杯では実に22年ぶりとなる連覇となりました。

最近になって始まった吉川元浩選手のこの快進撃は今後、どこまで続いていくことでしょうか。

今までとてつもない苦労をしてきた選手であるだけに、栄光の道が続いていくことを期待したいですね。

吉川元浩選手が優勝したSG一覧

もう一度吉川元浩選手が優勝したSGをおさらいしてみましょう。

  • 1回目 2007年12月24日 福岡競艇場 第22回賞金王決定戦
  • 2回目 2019年3月21日 戸田競艇場 第54回総理大臣杯
  • 3回目 2019年5月26日 福岡競艇場 第46回笹川賞
  • 4回目 2020年3月22日 平和島競艇場 第55回総理大臣杯

これだけを見ても、近年の吉川元浩選手が明らかに勢いを増している事が分かります。 そしてさらに皆さんが気になるであろう近年の賞金の年間獲得金額と、全競艇選手(ボートレーサー)の中での金額の順位がこちらです。

  • 2015年 3,906万1,000円(53位)
  • 2016年 4,627万8,000円(35位)
  • 2017年 3,513万4,000円(77位)
  • 2018年 8,362万1,000円(11位)
  • 2019年 1億6,189万6,000円(3位)

賞金の獲得金額もやはり急激に上がっていますね。

特に2019年は年間獲得金額が全競艇選手の中で3位という驚きの金額です。

ちなみに2019年の賞金の獲得金額1位は石野貴之選手の2億2,564万2,666円で、2位は毒島誠選手の1億7,941万9,000円でした。

2位の毒島誠選手とは約1750万円、1位の石野貴之選手とは約6370万円の差があります。順位が1つ違うだけなのに凄い金額の差ですね。

さらにさらに、この記事を書いている2020年3月30日時点での直近での結果がこちらです。

全競艇選手(ボートレーサー)の中での賞金獲得金額ランキング

(2020年1月1日~2020年3月22日)

  • 1位 吉川元浩選手 5,853万9,932円
  • 2位 白井英治選手 2,600万6,000円
  • 3位 吉川昭男選手 2,454万2,000円

2020年1月1日から2020年3月22日までの2ヶ月と3週間の間に吉川元浩選手が獲得した賞金は、5,853万9,932円です。わずか3ヶ月足らずの期間での数字とは思えぬ金額です。

それもそのはず、現時点での2020年1月1日以降の賞金獲得金額は、なんと吉川元浩選手がダントツのトップなのです。

同期間の獲得金額で2位の白井英治は2,600万6,000円であるため、2位に倍以上の差をつけた金額となっています。

この勢いで2020年はこの数字をどこまで伸ばしていけるでしょうか。 見守っていきましょう。

まとめ 吉川元浩(よしかわ・もとひろ)選手の諦めない気持ちの強さは競艇(ボートレース)界一!!

人間誰しも、ああなりたい、こうなりたい、これを成し遂げたいと思うことはあるにしても、それを実現することは決して容易なことではないですよね。

吉川元浩選手はデビューから実に10年以上諦めない気持ちを持ち続け、努力に努力を重ね続けた結果ついに、競艇選手(ボートレーサー)であれば誰もが憧れる「SG優勝」という夢を勝ち取りました。

これはなかなか真似をすることのできない生き方ではないでしょうか。

そしてその後も競艇選手(ボートレーサー)としての堅実な努力を続けたことによって、吉川元浩選手は近年、怒涛の快進撃を見せています。

吉川元浩選手のこの実に感動的な競艇選手(ボートレーサー)としてのストーリーは、競艇のことを全く知らない人にとっても大きな感動を与えられるものであるでしょうし、多くの人に希望と勇気を与えることが出来るのではないでしょうか。

筆者としても、吉川元浩選手の頑張りを見ていると心から応援をせずにはいられません。

ぜひ今後も、吉川元浩選手の感動のストーリーが続いていくことを願います。

よんぺる
よんぺる
生きる道を模索中の20代後半男。両親が競馬にハマっていることをきっかけにギャンブルに興味を持つ。競艇歴は2年。仕事をせずにお金を稼ぐことへの探求心は人一倍。好きな言葉は「まったり」「安堵」。

合わせて読みたい記事

  • 競艇(ボートレース)界最強のイケメン、「松井繁(まつい・しげる)」選手はどんな人!?
    競艇(ボートレース)界最強のイケメン、「松井繁(まつい・しげる)」選手はどんな人!?
    この記事では競艇(ボートレース)の松井繁選手について取り上げます。 「…

    2020年4月6日

  • 期待の競艇選手(ボートレーサー)、「石野貴之(いしの・たかゆき)」選手の成績や趣味は!?
    期待の競艇選手(ボートレーサー)、「石野貴之(いしの・たかゆき)」選手の成績や趣味は!?
    期待をされるということは嬉しいことでもあり、プレッシャーでもあります。 …

    2020年4月8日

  • 師匠をも超えた!「毒島誠(ぶすじま・まこと)」選手の競艇選手(ボートレーサー)としての実力とは!?
    師匠をも超えた!「毒島誠(ぶすじま・まこと)」選手の競艇選手(ボートレーサー)としての実力とは!?
    今回は競艇(ボートレース)の毒島誠(ぶすじま・まこと)選手の紹介です。今…

    2020年4月8日

  • 競艇(ボートレース)界最強の快進撃を見せる「瓜生正義(うりゅう・まさよし)」選手
    競艇(ボートレース)界最強の快進撃を見せる「瓜生正義(うりゅう・まさよし)」選手
    瓜生正義(うりゅう・まさよし)という競艇選手(ボートレーサー)をご存じで…

    2020年4月14日

  • 競艇の2017年賞金王レーサー・「桐生順平(きりゅう・じゅんぺい)」選手を解説!
    競艇の2017年賞金王レーサー・「桐生順平(きりゅう・じゅんぺい)」選手を解説!
    「ハイスピードターン」という神技で有名な競艇選手(ボートレーサー)、桐生…

    2020年4月16日

  • 艇界のプリンス「今村豊(いまむら・ゆたか)」選手ってどんな人?
    艇界のプリンス「今村豊(いまむら・ゆたか)」選手ってどんな人?
    今回紹介するのは「艇界のプリンス」や「今やん」「ミスター競艇」と呼ばれる…

    2020年5月7日

  • 漫画「モンキーターン」の主人公!「濱野谷憲吾(はまのや・けんご)」選手を紹介
    漫画「モンキーターン」の主人公!「濱野谷憲吾(はまのや・けんご)」選手を紹介
    濱野谷憲吾(はまのや・けんご)選手をご存知でしょうか。 持ち味は豪快な…

    2020年5月8日

  • 艇界の貴公子「山崎智也(やまざき・ともや)」選手ってどんな選手?
    艇界の貴公子「山崎智也(やまざき・ともや)」選手ってどんな選手?
    今回紹介するのは「艇界の貴公子」と呼ばれている「山崎智也(やまざき・とも…

    2020年5月18日

  • 2019年は2度の完全優勝を達成!ストイックな体重制限で躍進中の「白井英治(しらい・えいじ)」選手の実力とは?
    2019年は2度の完全優勝を達成!ストイックな体重制限で躍進中の「白井英治(しらい・えいじ)」選手の実力とは?
    巧みなハンドル捌きによる鋭角的なターンを得意とすることから「関門のホワイ…

    2020年5月22日