「SG第30回グランドチャンピオン」ボートレース開催!注目競艇選手や競艇予想、基礎知識を紹介

「SG第30回グランドチャンピオン」ボートレース開催!注目競艇選手や競艇予想、基礎知識を紹介

2020年、3回目のSGとなる「第30回グランドチャンピオン」が近づきました。開催日は6月23日(火)から28日(日)までとなっています。

SGは競艇(ボートレース)の中で最も格式の高いレースです!予想にも力が入りますね。

そして、2020年の開催地として選ばれたのは「宮島競艇場(ボートレース宮島)」です。宮島は「スタートの難所」として有名。地元レーサーが有利な競艇場を攻略するのは一体誰でしょうか!?

今回はグランドチャンピオンの出場資格や、開催地である「宮島競艇場(ボートレース宮島)」の特徴、注目選手(ボートレーサー)、そして大きい大会特有の競艇予想など詳しく紹介していきます。

競艇(ボートレース)の一大イベント!グランドチャンピオンとは【基礎知識】

第30回グランドチャンピオン開催!
第30回グランドチャンピオン開催!

グランドチャンピオンとは競艇のSG競走の一つです。

SGは一年で9回開催され、競艇レースの中で最も格式の高いレースです。

そのため出場選手は超一流のボートレーサーばかり!誰でも名前を知っているような有名選手が大勢参加します。

さらに賞金も通常のレースと比べてはるかに高額です。

SGは平均3,000万円以上の優勝賞金が設定されており、今回のグランドチャンピオンの優勝賞金は3300万円です!

ちなみに正式名称は「グランドチャンピオン」です。競艇ファンの間では「グラチャン」、「GC」と呼ばれています。

SGは競艇ファンにとって一大イベントと言えるぞ!

グランドチャンピオンの出場資格は高難易度!

グランドチャンピオンは、かなりハードルの高い出場資格が設定されています。

まずは優先出場枠の紹介です。

以下の3種類、合計8名の選手が該当します

  • 前年のグランドチャンピオン優勝者(1名)
  • 前年のグランプリの優勝戦出走者(6名)
  • 当年のボートレースオールスターの優勝者(1名)

続いて出場資格を得られるのは以下の選手です。

  • 開催年前期A1級の選手
  • 出走回数が160走以上
  • 「前年4月~当年3月」までのSG競走の優勝戦の完走者

上記三つの条件を全て満たさなくてはなりません。

ここで注目したい点が「SG競走の優勝戦の完走者」です。

SG競走は1年で9回の開催。そうすると、「6名×9回=54名」となりそうですが実際には違います。

それは同一選手がSG競走に出場することがあるからです。

そのため「SG競走の優勝戦の完走者」枠は20から〜30名になることが通例です。

最後の枠は以下の条件となります。

  • 開催年前期A1級選手
  • 出走回数が160走以上
  • 「前年4月~当年3月」までのSG競走予選の合計得点が上位の選手

注目すべきは得点率ではなく、合計得点で決まるということです。SGにたくさん出走している選手が有利になりますね。

以上の条件をクリアした選手、52名がグランドチャンピオンに参加します。そして10名の選手が予備として待機しています。

出場資格はかなり厳しい条件ですね。そのため、選ばれた選手は一流のレーサーばかり!グランドチャンピオンは毎年ハイレベルなレースが展開されます。

グランドチャンピオンの賞金は3300万円だ!

1年に9回しかない特別なレースは賞金額も桁外れです!その額なんと3300万円! 通常レースの優勝賞金75万円と比較すると、破格の数字ですね。

平均年収が1600万円とも言われる競艇選手。

一つのレースで平均年収以上の賞金が得られる大会なので、選手は気合十分でしょう!熱いレースが期待できそうです。

過去からわかる!グランドチャンピオンのレース結果

グランドチャンピオンの始まりは1991年です。今年2020年は第30回目となります。

それでは過去のレース結果から特徴を見ていきましょう。

回数優勝戦日付開催場優勝選手枠番コース決まり手
11991年(平成3年)6月25日住之江西田靖112Mつけまい
21992年(平成4年)6月23日蒲郡中道善博622M差し
31993年(平成5年)7月5日住之江安岐真人41逃げ
41994年(平成6年)7月4日住之江三角哲男26差し
51995年(平成7年)7月3日桐生野中和夫21逃げ
61996年(平成8年)7月2日多摩川高山秀則11逃げ
71997年(平成9年)7月2日尼崎市川哲也11逃げ
81998年(平成10年)6月28日宮島上瀧和則21逃げ
91999年(平成11年)6月27日唐津大嶋一也22差し
102000年(平成12年)6月25日下関西島義則21逃げ
112001年(平成13年)6月24日唐津植木通彦22抜き
122002年(平成14年)6月30日宮島今垣光太郎33恵まれ
132003年(平成15年)6月29日丸亀池田浩二11逃げ
142004年(平成16年)6月27日浜名湖原田幸哉34恵まれ
152005年(平成17年)6月26日下関山本浩次44まくり
162006年(平成18年)6月25日浜名湖坪井康晴11逃げ
172007年(平成19年)7月1日戸田湯川浩司11逃げ
182008年(平成20年)6月29日芦屋湯川浩司11抜き
192009年(平成21年)6月28日戸田今垣光太郎44まくり
202010年(平成22年)6月27日大村湯川浩司11逃げ
212011年(平成23年)6月26日児島瓜生正義22まくり
222012年(平成24年)6月24日芦屋太田和美22差し
232013年(平成25年)6月30日常滑太田和美11逃げ
242014年(平成26年)6月29日浜名湖菊地孝平44まくり
252015年(平成27年)6月28日宮島山崎智也11逃げ
262016年(平成28年)6月26日蒲郡山崎智也34まくり
272017年(平成29年)6月25日鳴門石野貴之11逃げ
282018年(平成30年)6月24日徳山白井英治11逃げ
292019年(令和元年)6月23日多摩川柳沢一11逃げ

注目したい点が1コースの優勝率の高さです!他のレースと違って前づけをする選手が多いです。

その点を踏まえた競艇予想をすることがポイントになりそうです! さすがグランドチャンピオン!どのレーサーも一着を取るために死力を尽くします。

前づけをする選手が多いため、スタート展示はいつも以上にしっかりとチェックする必要がありますね。

「グランドチャンピオン」2019年のレース結果

去年の2019年は「柳沢一」選手が見事に優勝を飾りました。

優勝戦の結果は以下の通りです。

選手
11柳沢一
23萩原秀人
32太田和美
46徳増秀樹
55坪井康晴
64木下翔

決まり手は「逃げ」、順当な結果と言えます。もちろん優勝した柳沢一選手は今年も出場します。

二連覇をかけた走りに注目しましょう!

「グランドチャンピオン」2020年の注目選手紹介

注目選手が多数出場!
注目選手が多数出場!

それでは今年のグランドチャンピオンで注目したい選手の紹介をします。

柳沢一選手
柳沢一選手

まず、前年のグランドチャンピオン優勝者(1名)枠の「柳沢一」選手 四年連続の4回目の出場となります。

持ち味はスタートの上手さです。フライングは0回!その他、スタート事故がなく、師匠の原田幸哉選手同様にスタートを得意としている選手です。

今年の会場となる「宮島競艇場」はスタートが難しいので、柳沢一選手の二連覇が期待されています。

続いて、前年のグランプリの優勝戦出走者(6名)枠の選手

実力のあるボートレーサーが勢揃い!
実力のあるボートレーサーが勢揃い!
  • 毒島誠選手(7年連続8回目)
  • 石野貴之選手(4年連続7回目)
  • 桐生順平選手(8年連続8回目)
  • 吉川元浩選手(5年連続11回目)
  • 瓜生正義選手(4年ぶり14回目)
  • 臼井英治選手(5年連続14回目)
篠崎仁志
篠崎仁志

最後に、当年のボートレースオールスターの優勝者(1名)枠の選手である篠崎仁志選手です。

篠崎選手は枠なり進入が多く、どのコースからでも1着を狙えるオールラウンドな選手です。 まだグランドチャンピオンの優勝経験がない篠崎選手。今大会で初優勝を飾れるのでしょうか!?楽しみですね。

有名な選手ばっかりですね〜、この大会は盛り上がること間違いなしです☆

グランドチャンピオン開催場所「宮島競艇場(ボートレース宮島)」の水面特徴

宮島競艇場(ボートレース宮島)
宮島競艇場(ボートレース宮島)

それでは今回の開催場所である宮島競艇場の特徴を見ていきましょう。

最大の特徴は何と言っても「スタートの難しさ」です。

その理由は3メートルもの潮位差!大時計の見え方が変わるほど、水面のうねりが強くなります。

スタートを合わせることがとても難しいコースです。

さて、潮の影響も見てみましょう。

満潮になってくると、水面が高くなりボートが不安定になります。全速力でのターンが難しく「まくり」が決まりにくいレースが目立ちます。

宮島競艇場はインコース有利の展開が多いです。

反対に干潮時の水面は穏やかです。ボートも安定しやすく、スピード勝負が展開されやすいです!

また、宮島競艇場は風の影響を強く受けます。

午前中は強い「向かい風」、午後からは「追い風」となります。そして満潮時はさらに風が強くなるため、より注意が必要です。

コースのレイアウトも特徴的です。

第1ターンマークと第二ターンマークが対角線上に位置します。そのため、選手はスタンドに対して斜めに走らなくてはなりません。

他の競艇場と違った感覚なので、スタートの難易度を高める要因となっています。 加えてダッシュ勢は距離が遠いため、距離感覚がつかみにくいです。

他の競艇場と比べて、明らかに難易度が高い競艇場ですね。

宮島競艇場では地元選手が有利と考えて間違いないでしょう!そういった点も考慮して予想を楽しんでください。

配当の高さが魅力!グランドチャンピオンの配当率をチェック

SGレースは配当金の高さが魅力です。

まずは過去の配当金を見てみましょう。

開催数開催年数会場組番払戻金人気
第29回2019年【多摩川】1-3-21,440円(4番人気)
第28回2018年【徳山】1-2-3860円(2番人気)
第27回2017年【鳴門】1-4-31,440円(5番人気)
第26回2016年【蒲郡】3-4-512,350円(44番人気)
第25回2015年【宮島】1-2-51,610円(4番人気)
第24回2014年【浜名湖】4-2-16,580円(22番人気)
第23回2013年【常滑】1-3-41,450円(4番人気)
第22回2012年【芦屋】2-5-16,960円(24番人気)
第21回2011年【児島】2-6-39,990円(42番人気)
第20回2010年【大村】1-6-34,320円(18番人気)

一般のレースに比べて投票数が多いため、配当率は高めとなっています。

これらから分かる通り、一桁人気でも配当が1000円を超える場合が多いです。

そして高配当が狙いやすい点もSGの魅力です。

グランドチャンピオンでは2016年に12,350円の配当金が出ました!30〜40番前後の中荒れレースを狙って大きく稼ぐ方法も一つです。

配当金が高いとトリガミになる可能性も低く、安心してレースを楽しむことができます。

まとめ

「第30回グランドチャンピオン」についてもう一度まとめてみましょう。

  • 宮島競艇場で「6月23日(火)から28日(日)」開催
  • SGレースは高配当になる
  • 優勝賞金は3300万円!熱いレースに期待
  • 宮島競艇場は癖が強い!特徴を見極めよう
  • 注目選手は8人! 有名選手が多数出場
  • 二連覇なるか!柳沢一選手に注目

今回の記事では「グランドチャンピオン」の特徴や魅力を詳しくお伝えしました。

今年は記念すべき第30回の開催です。ぜひ、宮島競艇場に足を運んで高配当の予想を的中させましょう!

宮島競艇場は2015年以来、4度目のグラチャン開催地じゃ!特徴をしっかり把握して競艇予想に生かしてくれい!

目田門☆よしい
目田門☆よしい
ギャンブルは競艇以外やりません!生まれは山口県。下関競艇場のすぐ傍で育ちました。歩いて10分もかかりません♪
競艇歴は10年以上!現在は東京都在住。営業マンをしながら仕事中でもテレボートでこっそり予想中。
予想屋として独立することが夢。

掲載の内容はあくまでもライター独自の見解であり、その正確性・再現性を当サイトでは保証いたしかねます。