第35回「SGグランプリ(Road to THE GRAND PRIX)」がボートレース平和島で開催決定!最強の王者を決めろ!

第35回「SGグランプリ(Road to THE GRAND PRIX)」がボートレース平和島で開催決定!最強の王者を決めろ!

第35回「SGグランプリ(Road to THE GRAND PRIX)」がボートレース平和島で開催されることが決定しましたね!

ボートレース平和島では4度目の開催となり、ボートレース平和島の公式サイトに「つかめ、王者の栄光」「輝け 最高の誇り」と書かれているのがなんとも印象的です!

本記事では、SGグランプリの出場条件などの概要から、賭ける際のお得な情報まで詳しく紹介していきたいと思います!

「SGグランプリ (Road to THE GRAND PRIX)」はトップオブトップを決める競艇界最高のレース!

「SGグランプリ(Road to THE GRAND PRIX)」のホームページ
「SGグランプリ(Road to THE GRAND PRIX)」のホームページ

それでは早速、SGグランプリの概要から説明していきます!

出場条件が非常に厳しく名前の通りグランプリ(最高の賞)として、SGレースを締めくくるのに最高の舞台となっています。

賞金金額は1億円と他のSGレースと比べても圧倒的に高いですね!

  • 【開催期間】 2020年12月15日(火)〜12月20日(日)
  • 【開催会場】 ボートレース平和島(平和島競艇)
  • 【賞金】 1億円
  • 【出場条件】 2020年1月1日〜11月29日チャレンジカップ最終日までの獲得賞金ランキングが18位までの選手。

さすが賞金王決定戦としても知られているレースだけありますね☆

年々ハードルが高くなり今年は6,000万円以上獲得しても出れない選手がいるんじゃ!

レースルールと進行スケジュールの詳細

レースルール詳細
レースルール詳細

レースルールとしては、まず1stステージとして獲得賞金額7~18位の選手が対戦し、得点率が高い上位6名が2ndに進みます。

2ndでは賞金獲得ランキング1位~6位までの選手も加わり、計12名で対戦します。

2ndの上位6名が優勝戦に進み、優勝戦で今年の賞金王を決めます!

数多くの競艇選手から6名しか優勝戦に出れないのだから激戦必至じゃ!

進行スケジュールの詳細
進行スケジュールの詳細

レーススケジュールは初日から2日目が1stで、3日から5日目が2nd12月20日が最終日となり優勝戦が行われます!

かなりタイトなスケジュールで行われるんですね!

「SGグランプリ (Road to THE GRAND PRIX)」は賞金ランク1位~6位が圧倒的有利!?

歴代優勝者一覧
歴代優勝者一覧

「SGグランプリ (Road to THE GRAND PRIX)」は賞金ランク1位~6位までの選手は2ndから出場できるため、時間があり調整しやすく実力を発揮しやすいんですよね

加えて、良いモーターに割り当てられることが多く、2ndでは1号艇~3号艇に乗れるなど賞金ランク上位の選手のアドバンテージが大きいのもレースの特徴です

去年優勝した石野貴之選手は優勝戦で1号艇で見事逃げ切りましたね☆

ここ数年のSGグランプリの優勝戦の顔ぶれは賞金ランク1位~6位の選手がほとんどじゃ

「SGグランプリ (Road to THE GRAND PRIX)」で開催されるボートレース平和島では荒れる可能性が!

ボートレース平和島の水面レイアウト
ボートレース平和島の水面レイアウト

今回SGグランプリが開催されるボートレース平和島なんですが、実はインが弱いことで有名で、特に冬は1コースの1着率が下がる傾向があり、他のコースの1着率が上昇するため、どのコースにもチャンスがあります

そのため、前回SGグランプリが開催された、1コースが強いボートレース住之江とは全く違い、荒れたレース展開になる可能性もありますね。

海水のため水面の変化が大きく季節風によってレース展開が変わることもありますよね☆

万舟出現率が全国屈指じゃからモーターにも注目していきたいのぉ!

STが良い選手やターン技術の高い選手を中心に賭けていこ

ボートレース平和島の展示タイム
ボートレース平和島の展示タイム

ボートレース平和島は、スタート幅が49mで第1ターンマークが37mと狭いため、STが早くてターン技術に定評のある選手を軸にして賭けるのがおすすめです!

また、スピード戦になる可能性もあるので、ボートレース平和島の「展示タイム」を確認すると良いですよ!

特に直線タイムを見ると良いぞ!

「SGグランプリ (Road to THE GRAND PRIX)」の注目選手はこの3人!

前回のボートレース平和島で開催された時のレース風景
前回のボートレース平和島で開催された時のレース風景

ボートレース平和島は、前回開催されたボートレース住之江のコースとは全く違うコースなので、ボートレース平和島に強い選手かどうか調べる必要があります。

そこで、ボートレース平和島の優勝歴があり、注目したい選手を3人紹介していきます!

荒れやすいコースだからこそ相性が大切ですね☆

どんな選手に注目すべきか気になるのぉ

吉川 元浩(よしかわ もとひろ)選手

吉川 元浩選手
吉川 元浩選手

まず1人目が吉川元浩選手です!

今節のボートレース平和島で行われた「SG ボートレースクラシック」で優勝しており、賞金ランキングも現在2位で大本命と考え良い選手ですね。

どのコースからでも軸として賭けても良いです。

毒島 誠(ぶすじま まこと)選手

毒島 誠選手
毒島 誠選手

続いて2人目は毒島誠選手です!

ここ数年ボートレース平和島で開催されたG1レースを優勝していて、全国トップクラスのスピード持っているため、干潮時には絶大な信頼感があります。

茅原 悠紀(かやはら ゆうき)選手

茅原 悠紀選手
茅原 悠紀選手

3人目は茅原悠紀選手です!

「えー!賞金ランク1位~6位が圧倒的に有利って言ったじゃん。」と言われそうですが、茅原悠紀選手はボートレース平和島で開催された「第29回 SGグランプリ」の覇者です

加えて、ターン巧者として知られているので、注目すべき選手の1人ですね。

「SGグランプリ (Road to THE GRAND PRIX)」の白熱した最高峰の戦いを見逃すな!

毎年のことながらですが、SGグランプリはSGレースを締めくくる最高峰の戦いであり、今年の最強を決めるレースとなっています!

この戦いの極致を見逃して年を越すなんて考えられませんよね。

今年のSGグランプリも大いにみんなで盛り上げていきましょう!