びわこ4Rで深見亜由美(ふかみ・あゆみ)選手が非常識なフライングに!浜名湖での峰竜太選手含む全艇フライング事故の翌日

びわこ4Rで深見亜由美(ふかみ・あゆみ)選手が非常識なフライングに!浜名湖での峰竜太選手含む全艇フライング事故の翌日

2021年3月3日、びわこ4Rで深見亜由美(ふかみ・あゆみ)選手が0.08秒のフライングを切り、「非常識なフライング」となりました。

前日2日、浜名湖のG1で全艇フライング&峰竜太選手含む4人が非常識なフライングとなる驚きのアクシデントが発生しており、競艇界では2日連続で「非常識なフライング」が発生したことになります。

この記事では、「レースで何が起こったの?」「非常識なフライングとは?」など気になる情報をお伝えします!

安定板装着&周回短縮のレースだった!

3月3日のびわこでは、朝から強い追い風が吹いており、安定板の装着、周回を3回から2回に短縮してのレースでした。

競艇(ボートレース)では、風が強かったり波が高く水面が荒れている場合、ボートの安定性を高め転覆のリスク軽減するために安定板というU字型の板を取り付けることがあります。

そのうえで、周回数を2周にして開催されます。

おそらくこのレースでも風が強く、スタートが難しいレースだったのでしょうね。

しかし、この日のびわこの全レース結果を確認すると、スタート事故を起こしてしまったのは深見亜由美(ふかみ・あゆみ)選手のみでした。

このフライングにより、4Rの売り上げ額3160万9900円のうち、976万2400円が返還となりました。

周回数が短縮されることもあるんですね

悪天時は安全性を考えて安定板装着と周回短縮されることがあるんじゃ

深見亜由美(ふかみ・あゆみ)選手のプロフィール

今回非常識なフライングとなってしまった深見亜由美選手の情報を見てみましょう。

  • 【生年月日】1991/10/19
  • 【身長】149cm
  • 【体重】44kg
  • 【支部】愛知
  • 【級別】B1級
  • 【平均スタートタイミング】0.24

平均スタートタイミングは0.24と遅めですね。

2020年にご結婚されており、父は元競艇選手の深見康司さんです。

深見亜由美選手は、今期2本目のフライングとなったため、4月11日まで地元である蒲郡を走った後、60日間のフライング休みに入ります。

この期間は無収入となってしまうため、選手にとっては痛いですね…。

次に、競艇におけるフライングについて、詳しく見てみましょう。

非常識なフライングとは?

「非常識なフライング」とは、0.05秒以上早いフライングのことで、通常のフライングよりも罰則が重くなります。

今回深見亜由美選手は0.08秒のフライングをしていますので、「非常識なフライング」となったわけです。

「非常識なフライング」は2013年に規定されたもので、フライングをした艇につられてフライングの連鎖が起こること防ぐために、厳しく罰するための規定がとして導入されました。

「非常識なフライング」はフライングをより厳しく罰するためにできたものってことじゃ

非常識なフライングの罰則

「非常識なフライング」の罰則は、通常のフライング罰則+即日帰郷となります。

即日帰郷とは文字の通りその日のうちに帰郷することで、その後のレースには参加できません。

通常のフライング罰則

フライングを1回でもしてしまうと、フライング休み・賞典除外(優勝戦・準優勝戦・選抜戦など)・事故点20点という罰則が科せられます。

級別判定期間中である5月1日~10月31日と11月1日~4月30日においてフライングをした合計回数によってフライング休み期間は定められます。

  • 【フライング1回目】斡旋停止30日
  • 【フライング2回目】斡旋停止60日加算(合計90日)
  • 【フライング3回目】斡旋停止90日加算(合計180日)
  • 【フライング4回目】斡旋停止180日加算(合計360日)

加えて「非常識なフライング」か「同一出場節間で2度目のスタート事故」を起こしてしまうと、即日帰郷となります。

「レースに出場できない=賞金が稼げない」ということになるので、選手たちにとってフライング休みは非常に重いペナルティとなります。

フライングをしてしまった艇に関する舟券は、全て返還となります。

つまり、競艇場の売上が減ることになるので、フライングの罰則は厳しく設けられています。

重い罰則が科せられる「非常識なフライング」が2日連続で計5名も出てしまうとは、驚きのニュースでしたね!

どちらのレースも風が強く吹いていたようで、レースには風など天候の影響が大きいということがよく分かりました。

競艇の予想をする際は、天候状況もしっかり視野に入れながら行うことを心がけたいですね。

フライングの罰則って重いんですね…2日連続で計5人の選手が「非常識なフライング」とは、びっくりしました

何が起こるか予測できないのも競艇の面白さかもしれんのぉ