お友だち向けにお得な情報配信中!!

NEW5/8 新サイト「競艇エキスパート」の予想を徹底検証!

【競艇ニュース】罰則改正!非常識なフライングの即日帰郷が廃止!代わりに休みが5日増える?【ボートレース】

【競艇ニュース】罰則改正!非常識なフライングの即日帰郷が廃止!代わりに休みが5日増える?【ボートレース】

一般財団法人日本モーターボート競走会が2022年4月19日に、「非常識なフライング」に対しての罰則を改正したことを公表しました。

これまでの罰則「即日帰郷」が変更された理由は、人数不足問題や選手からの不満があったから? ネット上ではどのような口コミ・評判が上がっているのか? まとめて解説します!

非常識なフライングの罰則が「即日帰郷」から「フライング休み5日間追加」へ

4月19日に、一般財団法人日本モーターボート競走会が、「非常識なフライング」を行った選手に対しての処置を変更することを公表しました。

具体的には、「非常識なフライング」を行った選手はこれまで「即日帰郷」というルールでしたが、2022年5月1日からは「フライング休みが5日間増える」という罰則に変更となりました! 概要をボートレース公式サイトから引用します。

モーターボート競走会が定めた、フライングに関する新たな処置
モーターボート競走会が定めた、フライングに関する新たな処置

一般財団法人日本モーターボート競走会は、集団スタート事故防止策の一環として、非常識なフライングを起こした選手に対する処置について、下記の通り変更することを発表しました。

◎非常識なフライングを起こした選手に対する処置 ≪令和4年4月30日までの非常識なフライング≫ ⇒原則、即日帰郷の処分とする。

≪令和4年5月1日以降の非常識なフライング≫

⇒原則、即日帰郷の処分を廃止し、従前のスタート事故による出場辞退期間に、5日間の出場辞退日数を加算する。

  • 【1本目】30日間→35日間
  • 【2本目】60日間→65日間
  • 【3本目】90日間→95日間

非常識なフライングとは?

「非常識なフライング」とは何か?

まずは、競艇におけるスタート、フライングからおさらいしましょう! ボートレーサーはスタートをする際に、大時計が0秒から1秒をさす間にスタートラインを通過していなければなりませんね。 大時計が0秒より前にスタートラインを通過すると、フライング(F)

大時計が1秒より後にスタートラインを通過すると、出遅れ(L)となります。 フライングもしくは出遅れをした場合は、どちらも失格となり舟券は返還されます!

フライングをしてしまうと1期(半年)間で1本目は30日間、2本目は60日間、3本目は90日間…とフライング休みのペナルティが与えられるのです!

なぜなら、フライングで舟券が返還されるということは、運営側の売上分が減ることにも繋がりますから厳しい罰則が設けられるわけですね!

ちなみに出遅れの場合は何本してしまっても、30日間ずつの休みとなります。

出遅れた場合でも失格になっちゃうんですよね〜!

その中でも「非常識なフライング」は、「0.05秒以上のフライング」のことを指します。 要するに、明らかにスタートが早すぎる場合は非常識とされるんですね。

我々からすると、「コンマ05秒だけで非常識と言われるのか」と思っちゃいそうですが、ボートレーサーの世界はなかなか厳しいですね! 競艇選手の収入は歩合制のため、これらが原因で出場ができなくなると収入の低下にも関わります。

帰郷における「即日帰郷」と「即刻帰郷」の違いは?

即日帰郷と即刻帰郷の違いはなに?

従来の「非常識なフライング」による罰則は「即日帰郷」でしたが、それと似たものに「即刻帰郷」というものがあります。 まず、即日帰郷はレースの進行を妨げてしまったことによる罰則であり、その日のうちに地元に帰らなければなりません。

そのため、その節のレースで後日出走予定があったとしても、出場することはできなくなります! ただ、即日帰郷を言い渡された日にもう1レースの出走予定がある場合は、そのレースに出場してから帰郷という形になりますね。

即日帰郷になってしまう条件は以下の通りです。

  • 前検不合格
  • 前検遅刻
  • 非常識なフライング(2022/4/30までの規則)
  • 同一節間で2回目のフライングまたは出遅れ
  • その他失格行為(不良航法、タイムオーバー、転覆、沈没など)

ちなみにこれらは選手が原因で起こった場合に限って即日帰郷となるぞ!

次に、即刻帰郷は極めて悪質なレース進行の妨げになったことによる罰則であり、その場で地元へ帰る必要があります。 即刻帰郷を言い渡された同日に出走予定のレースがあっても、出場することはできません!

即刻帰郷となる条件は、フライングしたにもかかわらず完走することや極めて悪質なルール違反とみなされた時です。

  • 非常識なフライングの罰則が、「即日帰郷」→「フライング休み5日追加」に
  • 非常識なフライングとは、0.05秒以上早くスタートラインを通過すること
  • 即日帰郷はその日のうちに、即刻帰郷はその場で地元へ帰る必要がある

この改正により選手にはどういった影響が出る?

選手から即日帰郷に対しての不満が出ていた?

今回の罰則規定の改正により、選手たちにはどういった影響が出るのでしょうか。 選手によって「即日帰郷」と「フライング休み5日間追加」のどちらが重いのかは我々からは図りかねますが、今回の改正によって処分の平等化がなされると考えられます。

例えば最近は、即日帰郷の罰則が不公平だということで選手から不満が出ていたようです。 というのも、最近はコロナの影響で人数が少なくなっていることもあり、「非常識なフライング」をしたのにも関わらず、人数不足を補うために即日帰郷を免れるケースがありました。

つまり、その時に状況によって帰郷があったりなかったりで曖昧なルールになっていたんですね! 即日帰郷の対象になってしまった選手からは、人数不足の時に帰郷を免れる選手がいたことに対して不満が出ていたようです。

これはルール側に問題がありそうですね…

また、これまでは「非常識なフライング」を節の初日に行ってしまうよりも、最終日に行ってしまった方が、その節で長く走れるので得でした。 しかし、今回の改正でいつ「非常識なフライング」を切ってしまっても、平等な処分を与えられるようになりました!

そういう意味では、不満の出ていた選手にとっては公平な処分となったのではないでしょうか。

  • 現在は人数不足のため、非常識なFを行っても即日帰郷にならない場合がある
  • 人数によって即日帰郷が免れるのは平等でないという声が選手から出ていた
  • 今回の改正で、選手からの不満も消え、人数不足問題の解決にも役立つ

フライングの罰則変更に対してのネット上の反応は?

SNS上では、このフライングの罰則が変更されたことに対してさまざまな意見が飛び交いました。 その一部をこちらで紹介します。

どちらの罰則が重いかはわからないという声
どちらの罰則が重いかはわからないという声

非常識なフライングの罰則が変更された 即日帰郷が無くなった代わりに休み期間が5日延びるんだね

どちらのが重いかはわかんないけど

今回の改正に賛成する声
今回の改正に賛成する声

従来の即日帰郷から通常のフライングに+5日間のフライング休みに変更ですか。

コロナ禍の現代は即日帰郷させるとやりくりが大変でしたし、.05のフライングの罪は重いと思うので、斡旋辞退期間を長くするというのは賛成ですね。

どちらの罪が重いかわからないという声②
どちらの罪が重いかわからないという声②

軽くなったの? 厳しくなったの? 微妙ですね

これまでの罰則が不公平だったため賛成という声
これまでの罰則が不公平だったため賛成という声

即日帰郷がやや不公平な内容だったので、いい変更なのでは。そもそも非常識Fなんてエラーでしかないし、どんな罰則にしたところでレース結果に与える影響はほとんどなさそう。

  • 罰則が重くなったのか軽くなったのかイマイチわからない
  • 人数不足が解決されるため賛成
  • これまでの即日帰郷ルールが不公平だと思うため賛成

まとめ:非常識なフライングでの罰則が変更!レーサーの不満解消に繋がるか?

  • 非常識なフライングの罰則について「即日帰郷」がなくなり「フライング休み5日間追加」へ
  • 即日帰郷の罰則への不満があり、それは解消すると考えられる
  • ネット上では賛否があるが、おおむね賛成派が多い

改めて簡単に説明すると、2022年5月1日から「非常識なフライング」の罰則が、即日帰郷からフライング休み5日間の追加に変更されます。 この改正自体が、選手にとって重いものになるのか軽いものになるのかの判断は難しいですが、これまで問題となっていた、「即日帰郷による人材不足」が緩和されます!

ネット上でも少し議論が交わされており、話題のタネとなっているようですね。

以上、「非常識なフライング」の罰則改正についてでした。