ボートレース津(津競艇場) 季節によって変わる「風」を攻略せよ!

ボートレース津(津競艇場) 季節によって変わる「風」を攻略せよ!

ボートレース津は万舟券が飛び出すレースが頻繁に発生します! その理由は風の影響です。津競艇場は伊勢湾に面しています。そのため、太平洋から吹く風によって水面が変化します。

夏場は強い「季節風」が吹き、冬場は鈴鹿山脈からの吹き降ろす「鈴鹿おろし」の影響をまともに受けてしまいます。

そんな難水面でも、コースの特徴を把握しておけば問題ありません!このページではボートレース津の特徴や水面にフォーカスを当てて、有益な情報をお届けします。

ボートレース津(津競艇場)の特徴

ボートレース津は全国で最初の許可を受けた競艇場です。初開催は1952年、舟券販売機を初めて導入した競艇場としても有名です。平成12年には新スタンドもオープンしました!イベントスペースも多いボートレース津はアミューズメント施設として大人気です。

指定席も充実しており、ソファーやマッサージチェアはもちろん、畳のボックスまであります。また、ホームページからパノラマ写真を見ることも可能です。

マスコットは「ツッキー」という緑の恐竜です。実は4人家族の恐竜一家。会場を盛り上げてくれます。

ボートレース津(津競艇場)の水面

完全なプール型の水面で水位は一定、流れの変化もありません。

伊勢湾が近く海水が流れ込んでいます。そのため、ボートレース津の水質は「海水」と「淡水」の中間。汽水に近い淡水となっています。

通常の海水に比べると塩分濃度は若干低め、柔らかい水質で浮力が働きます。体重差による影響が少なく、レーサーにとって走りやすい水質といえるでしょう。

ボートレース津といえば季節風の影響が強めです!特に強力なのは冬の「鈴鹿おろし」です。風速5mを超えることも多く、安定板を使用したレースが目立ちます。

春から夏にかけては、伊勢湾から吹く南風が勢いを増してきます!「ホーム追い風」となり1マークに波溜まりが発生します。

さらに、向かい風が強いケースは注意が必要です。1マークが穏やかでも油断してはいけません、2マークに白波が立つのでボートが不安定になってしまいます。

コースの広さにも目を向けてみましょう。ピットから1マークまでが150mと長いので、コース取りの駆け引きが頻繁に起こります。また、1マークのバック幅が110mと広いです。スピードをつけたターンも十分に決まるほどスペースがあるので、豪快なターンを見ることができますよ。

主要レース

周年記念 (GI)は「つつじ賞王座決定戦」が行われます。(つつじ賞は2020年でタイトルが変わります!発表が待ち遠しいですね) 企業杯 (GIII)は「マキシーカップ」が行われます。

そのほか、正月の「伊勢新聞社新春レース」、ゴールデンウィークの「スポーツニッポンパール賞競走」、お盆の「中京スポーツ・三重テレビ納涼しぶき杯争奪戦競走」が行なわれます。

「コース別入着率」と「決まり手」

ボートレース戸田の「コース別入着率」と「決まり手」の直近3か月のデータになります。(集計期間:2019/10/01~2019/12/31 単位:%)

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 コース別決まり手
逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 恵まれ
1 62.1 15.4 7.8 5.9 4.6 4.0 97.6 0.0 0.0 0.0 2.0 0.2
2 16.1 28.3 20.4 13.7 9.5 11.8 0.0 20.7 73.2 0.0 3.9 1.9
3 8.4 24.1 20.6 18.5 16.9 11.0 0.0 22.6 11.3 49.0 11.3 5.6
4 8.3 19.4 20.4 19.9 19.1 12.6 0.0 26.4 22.6 41.5 5.6 3.7
5 4.6 8.7 19.3 21.9 26.6 18.7 0.0 31.0 0.0 62.0 3.4 3.4
6 2.1 5.3 12.9 21.1 22.8 35.5 0.0 30.7 15.3 38.4 15.3 0.0

季節別データ

続いて季節別のデータをご覧ください。

春季 のコース別入着率

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
1 61.0 17.0 7.8 5.3 3.6 4.9
2 15.0 26.9 19.2 14.6 13.8 10.2
3 9.7 20.0 21.9 18.2 17.3 12.6
4 8.9 18.1 23.7 16.4 17.2 15.4
5 4.9 14.6 14.5 25.0 20.4 20.4
6 1.7 4.7 14.3 21.4 27.5 30.2

秋季 のコース別入着率

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
1 64.8 13.7 6.8 5.7 4.2 4.5
2 15.6 29.3 19.7 13.6 10.9 10.6
3 7.9 25.2 21.7 17.7 15.8 11.4
4 7.0 16.9 23.0 23.5 17.1 12.2
5 3.3 9.9 17.3 20.3 26.9 22.0
6 2.0 5.7 12.5 20.0 24.8 34.6

夏季 のコース別入着率

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
1 54.1 18.8 8.3 6.8 7.2 4.4
2 15.2 30.5 18.0 11.5 13.0 11.3
3 13.7 20.7 23.9 18.5 12.0 10.9
4 11.7 16.0 22.1 18.6 16.0 15.4
5 4.8 11.4 17.5 23.1 26.5 16.4
6 1.6 3.9 11.4 22.2 24.8 35.8

冬季 のコース別入着率

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
1 58.9 16.5 6.7 7.4 5.1 5.1
2 14.5 25.3 19.5 15.1 14.6 10.7
3 11.8 18.1 18.8 22.6 17.0 11.4
4 8.2 20.7 24.7 19.2 14.6 12.3
5 4.4 15.1 18.6 20.2 21.7 19.6
6 3.1 5.2 12.8 17.0 27.3 34.3

ボートレース津(津競艇場)までのアクセス方法

住所:〒514-0815 三重県津市藤方637

無料の立体駐車場が桐生競艇所入場口の目の前など多数あります。また、宿泊施設やグルメも充実しています。

車で行く場合

  • 伊勢自動車道「津IC」から約20分です。
  • 伊勢自動車道「久居IC」から約20分です。
  • このほか「無料巡回バス」もあります。
  • 無料の立体駐車場には約2,400台駐車可能です

電車で行く場合

  • JR/近鉄「津駅」から無料送迎バスで25分です。
  • 近鉄「津新町駅」から無料送迎バスで30分です。

博士の「ボートレース津」まとめ

ボートレース津はいかがだったかな。予想することが難しいコースと言われておるが、ポイントを抑えることができたと思う。a

津競艇場で厄介なことは、何を差し置いても「風」じゃ!強風になると東海地域の競艇場の中でも最も荒れるのじゃ。

夏と冬で吹き荒れる風に注目しつつ、選手のコンディションやモーターの性能に目を向けるのじゃぞ。

津競艇場も他と同様、基本的にインが強い。それは奥行きが広いレイアウトを見てもよくわかるじゃろう。それにピットからの距離が長いので、深くなっても助走がつくぞ!風がない場合はイン有利と見て間違いなかろう。

目田門☆よしい
目田門☆よしい
ギャンブルは競艇以外やりません!生まれは山口県。下関競艇場のすぐ傍で育ちました。歩いて10分もかかりません♪
競艇歴は10年以上!現在は東京都在住。営業マンをしながら仕事中でもテレボートでこっそり予想中。
予想屋として独立することが夢。

掲載の内容はあくまでもライター独自の見解であり、その正確性・再現性を当サイトでは保証いたしかねます。