【津競艇場予想のコツ】ボートレース津完全攻略マニュアル!当たる予想の狙い目を徹底解説|季節別の特徴も一挙大公開!

【津競艇場予想のコツ】ボートレース津完全攻略マニュアル!当たる予想の狙い目を徹底解説|季節別の特徴も一挙大公開!

「ボートレース津(津競艇場)で予想を当てたいけどなかなかうまく行かない」という方必見です!

今回は津で予想を的中させるためのコツを紹介していきます。

  • 水面や季節ごとの特徴は?
  • 今の季節は特にどうやって予想するべき?
  • 予想の必勝法はある?

このように、ボートレース津の特徴や予想のポイントをまとめたので、ぜひご覧ください。

【特徴】津競艇場(ボートレース津)の天候・水面・コースなどの特徴3選

ボートレース津の特徴

ボートレース津(津競艇場)は東海地区の三重県津市にあります。

風の影響を受けやすく、完全プール型なので水位の変化はほとんどない競艇場です。

水面特性は以下の通り!

  • 【水質】汽水
  • 【流れ・干満】なし
  • 【レコード】馬場貴也:1.42.6
  • 【チルト】-0.5 / 0 / +0.5 / +1.0 / +1.5 / +2.0 / +3.0

汽水だけど淡水に近いから、体重差はそこまで考えなくても良さそうだよ☆

それでは早速見ていくぞい!

【特徴1】1コース1着率が高い

ボートレース津は1コース1着率が高めです。

全国の競艇場と比較すると1コース1着率は58.7%で7位に位置しています。

1コース1着率が高いということは、初心者でも比較的予想を的中させやすい競艇場といえますね!

他のコースの1着率は平均以下なので、天候が荒れていない場合は1コースを軸に考えた方が良さそうです。

あと、夏と冬は強風が吹くから、1コースの1着率が下がる傾向があるよ!

【特徴2】1マークホーム側の広さが全国で2番目の広さ

ボートレース津の水面レイアウト

ボートレース津の1マークホーム側の広さは、100mと全国で2番目に大きく、スピード戦になりやすいです。

そのため、1コースでも全力ターンを決められます!

これが、年間を通して1コースの1着率が高くなっている要因の1つですね。

また、第1ターンマークからスタンドまでの距離は40mと全国平均的です。

ターン自体はしやすいですが、コースの幅が広いためアウトコースはターンするまで距離があることから、年間通してアウトコースの1着率は平均以下になることが多いです。

ピットから2マークまでの距離が長く、前付けしやすいのも特徴じゃな!

【特徴3】季節風と鈴鹿おろしの2大強風が吹き荒れる

直前情報で風をチェックする
直前情報で風をチェックする

「ボートレース津の特徴と言えば風」と断言できるぐらい風の影響を受けやすいので、風に関する情報を入手するのは必須条件です。

ここをしっかり抑えないと攻略不可能と言っても過言では有りません。

年間を通して追い風が吹く傾向にあり、特に夏の「季節風」と冬の「鈴鹿おろし」という強風が吹く場合は1コースの1着率が下がる傾向があるので、高配当狙いにはもってこいです!

風によって賭け方を変えた方が良いってことだね!

また、風の情報を確認する際には、ボートレース津の公式ホームぺージの事前レース情報などでしっかり確認しましょう。

風に関する情報はかなり重要なので、みなさんがイメージしやすいように分かりやすくまとめていきます!

  • 5m以上の強風の場合は「差し」や「まくり」を軸に賭け高配当狙い
  • 横風・追い風の場合は2コースの「差し」を軸に考えていく
  • 向かい風なら「まくり」「まくり差し」に注目

高配当を狙うための風のポイントを分かりやすくまとめましたが、特に5m以上の横風や向かい風に関しては荒れやすい傾向があるので高配当の期待大です!

  • 【特徴1】1コース1着率は全国屈指の強さ
  • 【特徴2】1マークホーム側の広さが全国で2番目の広さ
  • 【特徴3】季節風と鈴鹿おろしの2大強風が吹き荒れる

【季節別】津競艇場(ボートレース津)の当たる予想の狙い目を紹介

ボートレース津の季節別の特徴

ここからは、季節別の攻略方法を見ていきましょう! データは2023年3月〜2024年2月までです。

春(3月〜5月)は最大の本命賭けをする季節

春季のコース別入着率

春は最も穏やかな季節であり、1コース1着率もダントツの季節です。

季節別で見ると春:60.4%「夏:56.7%」「秋:60.4%」「冬:57.1%」と、春秋・夏冬で大きく分かれますね。

とくに春は2コース2着率もかなり高いため「1-2」で決着することが多いでしょう。

ボートレース津は季節によって、本命賭けも穴賭けも楽しめる競艇場です。

夏(6月〜8月)の予想のコツを見る

夏(6月〜8月)は季節風の影響で2コースにチャンス

夏季のコース別入着率

夏は2コースを軸にすることで小穴を狙える季節です。

夏には伊勢湾からの季節風が、強い追い風となって吹き荒れます!

そのため、水面が荒れやすく1コースの1着率は春に比べ約4%下がっています。

その代わり、2コースからの1着率が非常に高いです。

ボートレース津の夏は、2コースを頭にすると一気に配当の額が高まるでしょう。

秋(9月〜11月)の予想のコツを見る

秋(9月〜11月)は穏やかな水面だが3コースに注意

秋季のコース別入着率

秋は春と同じように、穏やかな風で水面状況がよい季節です。

ポイントは3コースの2着率が高いこと。

3コースがまくり差しを狙うも1コース艇に追いつかず「1-3」決着という形をよく見るのではないでしょうか。

3コースの選手が上手い場合は返しで「3-1」も持っておけば抑えも完璧ですね!

冬(12月〜2月)の予想のコツを見る

冬(12月〜2月)は鈴鹿おろしによる向かい風に要注意

冬季のコース別入着率

冬は向かい風が吹き荒れ安定しにくい季節です。

冬は「鈴鹿おろし」と呼ばれる風が、山脈から吹きおろします。

この風は強い向かい風のため、スロー勢は助走がつけにくくなり不利です。

冬は水温が低いため、モーター体積効率が上がり出足も良くなりますが、この向かい風によって、イン勢にとってはむしろマイナスといえます。

まずは今の季節の特徴を要チェックじゃな!

  • 春(3月〜5月)は最大の本命賭けをする季節
  • 夏(6月〜8月)は季節風の影響で2コースにチャンス
  • 秋(9月〜11月)は穏やかな水面だが3コースに注意
  • 冬(12月〜2月)は鈴鹿おろしによる向かい風に要注意

【必勝法】初心者向け!当たる予想の狙い目

ボートレース津の必勝法

標高が高い位置にあるボートレース津で予想を的中させるコツを紹介していきます。

さらに、高配当を狙うコツも解説!

1コースの1着率が毎年悪いボートレース場と比べて、高配当が出た時はすごそうだね!

高配当を狙うにはそれなりの知識がないと難しいからポイント抑えることが重要じゃな!

【必勝法1】風速5m以上の場合はモーターに着目せよ

公式HPからモーター情報をチェック
公式HPからモーター情報をチェック

風がなくてもモーターに関する情報は、まず確認しておきたいです。

特に風速5m以上の場合は1コースの1着率が下がる傾向がありスピード勝負になることから、モーターの性能差がレースに大きく影響してきます。

つまり、モーターの性能差を知っておくだけで高配当を狙えることが可能ということですね!

ボートレース津で高配当狙いをするならモーターの確認は、必須条件と言っていいぐらい重要なのでしっかり確認することを是非おすすめします。

公式ホームページのデーター集から確認することができるよ!

チルトと展示タイム情報
チルトと展示タイム情報

また、モーター情報と合わせて「チルト」と「展示タイム」の情報を知っておくこと、どういったレース展開になる可能性があるのかイメージしやすくなるので、確認することをおすすめします!

3連率の情報も知りたい場合は「ボートレース公式ページ」にて、確認することができますので、細かく調べたい方は知っておいて損はないでしょう。

ボートレース津の夏冬のような荒水面のチルト選びは、ボートが安定する-0.5がおすすめじゃ!

【必勝法2】企画レースで本命と穴の両方を狙う

  • 【1R】ツッキーレース:1号艇に主力のA級選手
  • 【5R】5ールドレース:1号艇に主力のA級選手

こちらがボートレース津の企画レースの概要です。

ボートレース津の企画レースでは、1コースにA級選手が出場する「ツッキーレース」「5ールドレース」の2つとなっています。

無風のときは1コースを軸に、4〜6コースを合わせて本命賭けをしましょう。

一方で、風速5m以上のときは企画レースでも1号艇のA級選手が飛ぶ可能性もあるため、2コースで1着狙いしてみるのも良いです。

特に、A級選手がスタートやスピード戦を得意としていない場合は、高配当を狙いやすいですね。

最近の企画レースは1コースの3連率が高いから、迷ったら1コースを賭けても良いね☆

  • 【必勝法1】風速5m以上の場合はモーターに着目せよ
  • 【必勝法2】企画レースで本命と穴の両方を狙う

【当たらない場合】津競艇場で勝てない場合は競艇予想サイトを利用すべし!

津競艇場で当たらない場合は?

ここまで津競艇場の攻略方法について説明しました!

津競艇での勝ち方を理解することで的中率は間違いなく上がりますが、正直にいうと「初心者が津競艇場で稼ぐのはかなり難しい」です。

津競艇場の予想が当たらない理由は以下の通りじゃ!

  • 季節風と鈴鹿下ろしの2大強風が吹き荒れる
  • 基本イン戦だが、レイアウトが広いゆえにスピードレースになることも多い

「予想を当てて楽しむ」「小銭を稼ぐ」程度であれば先ほどまでの説明で十分ですが、稼ぐためにはやはりプロの知識や経験が必要とされます。

そんな「津競艇場は当たらない!」「津競艇場で勝てない!」という方におすすめしたいのが競艇予想サイトです。

競艇予想サイトは、簡単にいえば競艇のプロが無料・有料で予想をしてくれるサービス!

多くのサイトが無料登録でき、無料予想も提供しています。

私はプロの無料予想を参考にしながら、自分なりに予想を組み立ててるよ♪

ただしデメリットとして、予想サイトには悪質な予想サイトがあるため、気をつけてください!

もし興味のある方は、我々が過去190を超える競艇予想サイトを検証した結果、数年間を経て厳選したこちらの「おすすめ競艇予想サイト」からチェックすることをおすすめします。

舟研おすすめの競艇予想サイト
  • 競艇で稼ぐなら予想サイトを使うのがベター
  • 悪質な詐欺サイトもあるため要注意
  • 舟研では190以上のサイトを検証したうえでおすすめサイトを厳選

【各種データ】津競艇場(ボートレース津)のモーターや配当などを紹介

ボートレース津のデータ

ここからは、ボートレース津(津競艇場)のモーターと配当のデータからわかることを解説します。

注目すべきモーターは何号機?

まずは津のモーターをチェックです。

2連対率のベスト5ワースト5のモーターを紹介します!

モーター成績一覧(2連対率順)(2023年12月16日 ~ 2024年5月5日)

2連対率順位番号出走数勝率1着率2連対率3連対率優出優勝
ベスト1221166.0328.4 %48.2 %62.9 %61
ベスト2591115.8819.8 %47.7 %60.3 %20
ベスト3721315.8929.0 %44.2 %58.0 %53
ベスト4461095.724.7 %44.0 %55.0 %20
ベスト5201325.5518.9 %40.1 %55.3 %20
ワースト5321124.5214.2 %25.0 %39.2 %00
ワースト4291224.478.2 %23.7 %45.0 %10
ワースト3141064.569.4 %23.5 %46.2 %00
ワースト237934.812.9 %22.5 %47.3 %00
ワースト1631074.296.5 %20.5 %35.5 %10

ボートレース津の前回モーター交換時期は12月です。

およそ5ヶ月程度経過しているため、データとしても十分でしょう。

2連対率が50%を超えるモーターは、「エースモーター」と呼ばれますが、ボートレース津に当てはまるモーターはありません。

ボートレース津の予想に参加するときは、HPから常に最新の情報を確認しておきましょう。

津は本命狙い?大穴狙い?

ここでは、ボートレース津の配当について、どのくらいの金額が出やすいのか調査してみました。

全国数値や本命、大穴などに強い競艇場もピックアップして、津との数値と比較してみましょう。

3連単の配当別出現率(2023年5月1日〜2024年4月30日)

競艇場本命(〜9.9倍)小穴(10.0倍〜29.9倍)中穴(30.0倍〜99.9倍)大穴(100.0倍〜)
20.7%37.6%26.5%15.2%
全国平均17.8%36.8%28.4%17.0%
徳山(本命に強い)25.8%38.8%22.8%12.6%
多摩川(小穴に強い)15.1%39.3%29.0%16.6%
平和島(中穴に強い)9.2%35.2%35.5%20.1%
鳴門(大穴に強い)12.9%35.2%31.5%20.4%

ボートレース津は本命・小穴が若干出やすい競艇場です。

大穴が出る確率はかなり低めと考えて良いでしょう。

もし穴を狙うにしても、強風が吹き荒れる夏・冬のみにしておくべきですね。

基本は本命に特化した競艇場って感じだね!

  • 今年の注目すべきベストモーターは22・59・72・46・20号機
  • 配当は本命と小穴が出やすく、大穴は出にくい

【強い選手】津競艇場(ボートレース津)で勝率の高い選手

ボートレース津で強い選手は誰か

続いては、ボートレース津(津競艇場)の通算勝率が高い選手です。

※1997年以降のデータです。

順位 選手名 勝率 優勝回数 支部
1 上瀧 和則 8.1 1 佐賀
2 松井 繁 8.09 10 大阪
3 井口 佳典 8.03 32 三重
4 小野 生奈 8.01 2 福岡
5 濱野谷 憲吾 7.79 5 東京
6 田口 節子 7.59 7 岡山
7 坪井 康晴 7.58 7 静岡
8 吉川 元浩 7.58 5 兵庫
9 魚谷 智之 7.56 6 兵庫
10 守田 俊介 7.55 8 滋賀

引退選手を除き、これまでの津の通算勝率が高い選手はこのとおりです。

このなかで地元がボートレース津である三重支部の選手は「井口佳典」選手ですね。

とはいえ、大阪支部の松井選手や兵庫支部の吉川選手、魚谷選手に加え、滋賀支部の守田選手など、関西圏がやはり強いですね。

そう考えると、地元が近く津の強風にも慣れている選手の方が有利な可能性が高いでしょう!

  • 津で勝率が高い選手は上瀧和則、松井繁、井口佳典など
  • 津は関西圏の選手がかなり強い

【基本情報】津競艇場(ボートレース津)の売上や主要レースなどを紹介

ボートレース津の基本情報

ボートレース津は全国で最初の許可を受けた競艇場!初開催は1952年、舟券販売機を初めて導入した競艇場としても有名です。

平成12年には新スタンドもオープンしました!イベントスペースも多いボートレース津はアミューズメント施設として大人気です。

指定席も充実しており、ソファーやマッサージチェアはもちろん、畳のボックスまであります。

また、ホームページからパノラマ写真を見ることも可能ですね。

マスコットは「ツッキー」という緑の恐竜です。

実は4人家族の恐竜一家。

会場を盛り上げてくれます。

歴史は競艇場のなかでも長いんだね〜!

売上の推移

年度順位売上額
2023年24位489億885万1200円
2022年23位624億4860万2600円
2021年24位551億7043万5300円
2020年23位498億1494万7900円
2019年24位392億7852万0400円
2018年22位370億8806万7600円
2017年23位306億6602万4100円

ボートレース津は、歴史は長いものの、売上で上位を占めているわけではないようです。

2017年からほぼ最下位に位置しており、2023年の1位であるボートレース蒲郡(約1,737億円)と比較すると3倍以上の差がついています。

ボートレース津はSG開催が少ないことも関連していそうですね。

主要レース

ジャンル グレード 競走名
周年記念 GI G1ツッキー王座決定戦
企業杯 GIII マキシーカップ
正月競走 一般 伊勢新聞社新春レース
ゴールデンウィーク競走 一般 スポーツニッポンパール賞競走
お盆競走 一般 中京スポーツ・三重テレビ納涼しぶき杯争奪戦競走

アクセス方法

住所:〒514-0815 三重県津市藤方637

車で行く場合

  • 伊勢自動車道「津IC」から約20分です。
  • 伊勢自動車道「久居IC」から約20分です。
  • このほか「無料巡回バス」もあります。
  • 無料の立体駐車場には約2,400台駐車可能です

電車で行く場合

  • JR/近鉄「津駅」から無料送迎バスで25分です。
  • 近鉄「津新町駅」から無料送迎バスで30分です。
  • ボートレース津は三重県津市にある競艇場
  • 売上は全国最下位付近に位置する競艇場

【リンク集】津競艇場(ボートレース津)のレースライブ&リプレイや開催日一覧はこちら

津のリンク集をこちらに設置しておきます。

興味のある方は覗いてみてくださいね!

まとめ:津競艇場は風がない時はインを軸に、風が大きい時は高配当を狙う二刀流で攻略!

津は本命でも大穴でも稼げる競艇場

ボートレース津(津競艇場)の特徴と攻略について解説したポイントを簡単にまとめます。

  • 【特徴1】1コース1着率は全国屈指の強さ
  • 【特徴2】1マークホーム側の広さが全国で2番目の広さ
  • 【特徴3】季節風と鈴鹿おろしの2大強風が吹き荒れる
  • 【必勝法1】風速5m以上の場合はモーターに着目せよ
  • 【必勝法2】企画レースで本命と穴の両方を狙う

また、季節別の攻略法は以下の通りです。

  • 春(3月〜5月)は最大の本命賭けをする季節
  • 夏(6月〜8月)は季節風の影響で2コースにチャンス
  • 秋(9月〜11月)は穏やかな水面だがモーター交換に注意
  • 冬(12月〜2月)は鈴鹿おろしによる向かい風に要注意

ボートレース津は、基本的には1コース1着率が高く本命決着の多い競艇場です。

ただし、夏冬には季節風や鈴鹿おろしが吹くため、インコースが弱まります。

そして、インコースが弱まるときはスピード勝負になるため、モーターの機力の強さにも注意を払いましょう!

最後に、「特徴」「必勝法」「季節別の攻略」の部分をもう一度見て覚えてくださいね!

ではまた!

めがね
めがね
データだけを信じる競艇LOVER。自分の経験則でものを考えると考え方がブレてしまうため、これまでの競艇の歴史で証明されたデータを絶対視している。好きなことは出走表を眺め続けることと、競艇場の現地調査。
  • 当記事はあくまでも執筆者個人の経験に基づく検証で、当サイトはその正確性・再現性を保証は致しません。競艇予想サイトをご利用の際はご自身の判断でお願いいたします。