お友だち向けにお得な情報配信中!!
NEW9/14 無料予想成績上位をキープしてる「舟王」を検証!

PG1「マスターズチャンピオン」について紹介!ベテランボートレーサーの熱き戦い!

PG1「マスターズチャンピオン」について紹介!ベテランボートレーサーの熱き戦い!

毎年、ベテランボートレーサーが競艇人生で培った技術を駆使して、熱い戦いを広げているプレミアムG1競走「マスターズチャンピオン」。

ベテランボートレーサーだからこそできるようなレース展開は、見ている競艇ファンを魅了しています。

本記事では、「マスターズチャンピオン」の概要や歴代の優勝者、予想コツなど詳しく紹介していきます

「マスターズチャンピオン」って何?

第21回マスターズチャンピオンの表紙
第21回マスターズチャンピオンの表紙

「マスターズチャンピオン」とは、ボートレースのプレミアムG1の1つで、2014年に「名人戦競走(めいじんせんきょうそう)」から改名された男女混合戦です。

今年で22回目の開催となっており、優勝獲得金額は1,100万円となっています!

優勝者は「ボートレースクラシック」の優先出走権を獲得できます!

ドリーム戦では鉄人や達人、名匠などが使われていたりしますよね☆

様々なレース展開が予想されるから見ごたえ抜群のレースじゃな!

「マスターズチャンピオン」の出場条件

「マスターズチャンピオン」では年齢制限を設けられており、当年4月1日に満45歳以上になる選手のみが出場できます。

年齢制限は定期的に変更されており、第1回(2000年)から第3回(2002年)までは満50歳以上、第4回(2003年)から第18回(2017年)までは満48歳以上に限定されていました。

その他の出場条件は下記の通りになります。

  • 前年度の優勝者
  • マスターリーグ優勝者(最大10名)
  • 前年2月1日~当年1月31日までの勝率率上位者
  • 施行者希望者(2名)

基本的には、満45歳以上の成績上位者が「マスターズチャンピオン」に出場できると考えて良いでしょう

ただし、条件を満たしていても下記に該当する選手は選出除外となります。

  • 病気や負傷した場合
  • 選考期間内の出走回数140走かそれ未満の選手
  • SG競走と同様に褒賞懲戒規程による出場停止処分を受けた選手
  • スタート事故による選出除外となるプレミアムG1・G2・G3の罰則期間が競走の前検日と重なる場合

ベテランボートレーサーの頂上決戦と言える大会なんですね☆

熟練の技のぶつかり合いとも言えるのぉ!

「マスターズチャンピオン」のスケジュール

マスターズチャンピオンは、例年4月下旬に開催されることが多く、計6日間に分かれて開催されます。

スケジュールの詳細は下記の通りです。

  • 【1日~4日 予選】
  • 【5日目 準優勝戦】予選得点上位18名を3レース実施
  • 【6日目 優勝戦】各準優勝戦上位2名の計6名

この中の優勝者のみが、ボートレースクラシックの優先出走権を得ることができますが、成績上位者に関しても出場できる可能性もあります!

ベテランボートレーサーの大会なので調整に関しては問題なさそうですね☆

「マスターズチャンピオン」の歴代優勝者一覧

マスターズチャンピオンの歴代優勝者一覧
マスターズチャンピオンの歴代優勝者一覧

過去10年間の「マスターズチャンピオン」の歴代優勝者は下記の通りです。

  • 第21回2020年 優勝者 村田修次 (津競艇場)
  • 第20回2019年 優勝者 今垣光太郎 (宮島競艇場)
  • 第19回2018年 優勝者 渡邉英児 (福岡競艇場)
  • 第18回2017年 優勝者 今村豊 (津競艇場)
  • 第17回2016年 優勝者 田頭実 (びわこ競艇場)
  • 第16回2015年 優勝者 今村豊 (児島競艇場)
  • 第15回2014年 優勝者 金子良昭 (唐津競艇場)
  • 第14回2013年 優勝者 江口晃生 (びわこ競艇場)
  • 第13回2012年 優勝者 井川正人 (下関競艇場)
  • 第12回2011年 優勝者 今村豊 (常滑競艇場)

「マスターズチャンピオン」の過去10年の歴代優勝者を見てみると、2020年に電撃引退をした今村豊元選手が10年間の間に3回も優勝していることが分かります。

ちなみに、2006年は万谷章元選手が62歳で最年長優勝を達成し、2020年の第21回大会では村田修次選手46歳9ヵ月最年少優勝を果たしました。

その他にも、2008年は女性優勝回数が女性レーサー歴代1位の鵜飼菜穂子元選手が女性で初出場したなど、年々幅広い活躍をボートレーサーが出場しているのが分かります!

優勝でも逃げや差し、まくりなど多彩な決まり手で決着するのが特徴ですね☆

今村豊元選手は3回も優勝しているのか!さすがレジェンドレーサーじゃな!

「マスターズチャンピオン」の特徴と予想のコツ

予想のコツとは
予想のコツとは

それでは、「マスターズチャンピオン」のレースの特徴と予想のコツを紹介していきます!

まず、1つ目の特徴としては、優勝戦でも高配当や万舟が出ていることです

過去10年のデータを遡ってみると万舟が2回出ているので、当日のコンディションや選手情報、モーターに関する情報を確認した上で、高配当を狙っても良いですね。

続いて、2つ目の特徴としては、他のレースと比べて2コースの勝率が高いことです!

近年では、2コースの勝率が40%前後と非常に高いので、状況に応じて2コースを軸に賭けてみても良いでしょう!

最後に、3つ目の特徴は、2着~3着の賭け方が難しいことです

冒頭で話した通り、マスターズチャンピオンは様々なレース展開が予想されるため、絞って買うのが難しい傾向があります。

予想のコツとしては、競艇場の当地勝率やモーターに関する情報を確認すると良いですね

確認方法としては、ボートレース公式ホームページや各競艇場のホームページで確認できます。

まとめ:「マスターズチャンピオン」は熟練の技が光るベテランの頂点を決めるレース

今回は、「マスターズチャンピオン」について紹介していきましたが、最後にポイントを下記にまとめていきます!

  • 満45歳以上のベテラン選手が中心としたレース
  • 優勝者はボートレースクラシックの優先出走の権利を得る
  • 開催時期は毎年4月の下旬
  • 最年長優勝者は万谷章元選手で最年少優勝者は村田修次選手
  • 他のレースと比べて荒れるレースが多い
  • 競艇場の当地勝率やモーターを確認する

長年の競艇人生で培った熟練の技と精神で、見る人を魅了するマスターズチャンピオン。

ベテランボートレーサの熱き戦いを是非見てみてはいかがでしょうか