お友だち向けにお得な情報配信中!!

【2022年】大村SGグランプリ(賞金王決定戦競走)解説|獲得賞金ランキング、出場競艇選手、ボートレース大村攻略など、気になるレース情報をまとめてご紹介!

【2022年】大村SGグランプリ(賞金王決定戦競走)解説|獲得賞金ランキング、出場競艇選手、ボートレース大村攻略など、気になるレース情報をまとめてご紹介!

2022年12月13日〜18日の日程にボートレース大村(大村競艇場)の第37回SGグランプリが終結!

  • 優勝戦は?誰が優勝した?
  • 内容はどんな結果だった?
  • そもそもSGグランプリの基本的な情報を知りたい

本記事では上記の疑問を解決するとともに、SGグランプリについて徹底的に解説します! 優勝者の白井英治選手についても深掘りしています。

第37回SGグランプリ2022の優勝者は白井英治!

グランプリ2022は白井英治が優勝!

2022年12月18日に第37回SGグランプリが幕を閉じました。 競艇選手の皆様、応援していた皆様もお疲れ様でした!

気になる優勝者は「白井英治」選手です!!

おぉ〜今年の覇者が決まったね〜おめでとう〜☆

白井英治選手は過去のSG出場回数が凄まじく、ここ15年間では2015年を除いて毎年何かしらのSGで優勝戦に出場しています。 しかし、実際の優勝は2度だけと、無冠の帝王と呼ばれるほどでした。

そんな白井選手がとうとうグランプリを獲得したことでファンは大喜びですね! それでは、優勝戦や師匠・今村豊さんとの繋がりについて見てみましょう。

まずは動画付きで優勝戦を確認してみようかの!

優勝戦を振り返ろう!

優勝戦では以下の選手たちが並びました。

グランプリ優勝戦の出走表
グランプリ優勝戦の出走表
  • 【1号艇】白井 英治
  • 【2号艇】原田 幸哉
  • 【3号艇】深谷 知博
  • 【4号艇】磯部 誠
  • 【5号艇】片岡 雅裕
  • 【6号艇】馬場 貴也

全選手枠なり進入でスタートは正常。 1Mで、白井選手が華麗なターンを見せしっかりと逃げ切ります! 3号艇・深谷選手はまくりを決めにいくも、2号艇・原田選手の先マイに流される。

そうしているところで、4号艇・磯部選手と6号艇・馬場選手が差しにかかり、「1-4-2」となります。 しかし、2番手争いをしているところ2周目1Mで馬場選手が見事に抜き返し「1-4-6」!

馬場選手の快進撃はここまでにとどまらず、2周2Mで大きくまくっていき2着まで持ち込みます!

グランプリ4日目12Rの出走表
白井英治がイン逃げで1着
その結果、「1-6-4」で決着がつきました。 白井選手の逃げも素晴らしかったですが、6号艇・馬場選手の逆転劇も見応えありましたね〜!

師匠・今村豊の夢を叶え、念願の恩返し!

師匠の今村豊(左)と弟子の白井英治(右)
師匠の今村豊(左)と弟子の白井英治(右)

ご存知の方も多いと思いますが、白井英治選手は偉大な今村豊(元)選手の弟子です。 今村豊さんについて知らない方はこちらから確認してみてくださいね!

今村豊さんは非常に弟子想いの方で、白井選手との繋がりも深いです。 2014年に白井選手が初めてSG優勝を果たした時に「英治〜!よくやった英治〜!」と涙を流していたことも思い出されます。

涙ぐましいのう・・・

きつい1年を過ごした白井英治 loading=
きつい1年を過ごした白井英治

そして、白井選手にとって今年はきつい年とも言える期間でした。 ボートレースメモリアルでは優勝戦でフライングを切ってしまい、1年間のSG出場停止が言い渡されています(賞金上位で出場可能なグランプリを除く)。

しかし、2023年のメモリアルまでの1年間はSGに出場できないからこそ、今年のグランプリでは成果を残して笑顔で終わりたいと語っていました。 そしてとうとう、グランプリでは、今村豊さんが獲得できなかった賞金王というタイトルを、愛弟子の白井選手が獲得して見せました!

感動物語すぎるよ〜(泣)

2022年の獲得賞金ランキング1位は誰だ!?

さて、話は変わりまして、今回は白井英治選手がグランプリを獲得しましたが、元々賞金ランキングが2位だった馬場貴也選手が優勝戦で2着となりました。 そのため、賞金ランキングはかなりの接戦が想定されますが、12月18日(グランプリ終了時)の順位はどうなっているでしょうか?

順位登録番号名前支部獲得賞金額
14262馬場 貴也滋賀187,346,000円
23897白井 英治山口186,285,457円
34205山口 剛広島128,475,457円
43779原田 幸哉長崎118,830,000円
54459片岡 雅裕香川115,966,485円
64586磯部 誠愛知114,175,000円
74524深谷 知博静岡113,905,000円
84444桐生 順平埼玉96,086,133円
93941池田 浩二愛知96,045,000円
104787椎名 豊群馬94,741,133円
113960菊地 孝平静岡94,385,000円
124831羽野 直也福岡92,640,833円

なんと、グランプリ獲得の白井英治選手を置いて、馬場貴也選手が獲得賞金ランキング1位に躍り出ています! その差はなんと100万円と接戦!

結果がどうなるか非常に楽しみですね!

  • 2022年のグランプリ優勝者は白井英治
  • 師匠・今村豊の夢を叶え、念願の恩返しとなった
  • (2023年追記)年間獲得ランキングは白井英治が接戦を制し1位に!

レース結果まとめ(随時更新)【グランプリ2022】

レース結果まとめ

ここでは、グランプリ(賞金王決定戦競走)が開催されている日に合わせて随時レース結果や注目のレース・選手などを紹介していきます。 よければブックマークをして開催まで最新情報をお待ちください!

【4日目】誰が頭ひとつ抜き出るか!?予測できないトライアル2nd

本日12Rの注目選手をチェックしてみましょう!

グランプリ4日目12Rの出走表
グランプリ4日目12Rの出走表
  • 【1号艇】深谷 知博
  • 【2号艇】羽野 直也
  • 【3号艇】白井 英治
  • 【4号艇】池田 浩二
  • 【5号艇】原田 幸哉
  • 【6号艇】丸野 一樹

1号艇・深谷選手は三島敬一郎さんイチオシでもある50号機を使用チャレンジカップでも優勝を飾った深谷選手がSG2連覇を目指して突き進みます!

5号艇・原田選手は、昨日トライアル2ndから参加し、2コースから見事1着を勝ち取り、なんと3連単は7万舟! 2日目の12Rも4万舟であり、3日目に関しては全12Rの平均配当が15,000円を超えており、どんどんと荒れた会場になっているようにも思えます!?

こんなの絶対自分で当てるの無理だよ〜う!

もし自信がない方は競艇予想サイトのプロの力を頼るのも一つの手じゃな

【3日目】トライアル2ndへ勝ち上がる選手6名が決定

3日目の結果概要

  • 【暫定得点率1位】原田 幸哉、菊池 孝平( 10.00)
  • 【暫定得点率3位】白井 英治、磯部 誠(9.00)
  • 【3連単平均配当額】16,812円
  • 【1コース1着率】41%
  • 【万舟】4回(1R,2R,6R,12R)
  • 【フライング】山口剛、丸野一樹(グランプリ選手のみ記載)
トライアル1st組1位の丸野一樹
トライアル1st組1位の丸野一樹

さてさて、2日目までのトライアル1stが終わり、トライアル2ndへと入りました! トライアル2ndでは、3日目〜5日目の間で「獲得賞金ランキング1位〜6位(シード)」の選手と「トライアル1stの得点上位6名」が、最終日の優勝戦への切符を取り合います。

ここで改めて選手を紹介しましょう。

【獲得賞金ランキング1位〜6位の選手(シード)】

  • 馬場 貴也
  • 山口 剛
  • 片岡 雅裕
  • 原田 幸哉
  • 深谷 知博
  • 菊池 孝平

【トライアル1stの得点上位6名】

  • 丸野 一樹(得点率12.50)
  • 池田 浩二(11.50)
  • 磯部 誠(11.50)
  • 羽野 直也(11.50)
  • 白井 英治(11.00)
  • 椎名 豊(10.00)

なお、トライアル1stでは椎名豊選手と毒島誠選手、瓜生正義選手が得点率10.00で6位タイでした。 この場合は、選考順位の上位が優先されます。 この3人のなかでは、椎名選手が最も獲得賞金が高かったため、トライアル2ndに進出という結果になりました!

毒島選手にとって椎名選手は群馬支部の後輩だから複雑だね〜

【2日目】12Rは大荒れの4万舟!

【2日目の結果概要】

  • 【暫定得点率1位】丸野 一樹(12.50)
  • 【暫定得点率2位】池田 浩二、磯部 誠、羽野 直也(11.50)
  • 【3連単平均配当額】8,448円
  • 【1コース1着率】75%
  • 【万舟】2回(8R/2-5-6/28,070円、12R/3-5-4/42,290円)

【2日目の12Rの展望を簡単に予想してみた!】

グランプリ2日目12Rの出走表
グランプリ2日目12Rの出走表
  • 【1号艇】遠藤 エミ
  • 【2号艇】池田 浩二
  • 【3号艇】磯部 誠
  • 【4号艇】羽野 直也
  • 【5号艇】毒島 誠
  • 【6号艇】石野 貴之

注目選手は以下の3人です。

  • 【1号艇】枠番抽選で1号艇をもぎ取った遠藤エミ選手
  • 【2号艇】初日に勝利を飾った池田浩二選手
  • 【4号艇】モーター気配がよく平均STもかなり早い羽野直也選手

2号艇・池田浩二選手がしっかり差し込み、1号艇・遠藤エミ選手を牽制。 そしてそこにトップスピードで羽野選手がまくり差すも、バックストレッチでは池田選手が伸びていき「2-4-1」あたりが来るのではないでしょうか?

今大会では、モーター気配とスタートが良い羽野選手が頑張ってくれるのではないかと思っています…! そのため今回は、「2号艇・池田浩二を頭に134流し」もしくは「1-2-4のボックス」あたりが個人的な狙い目です!

最年少の羽野選手はどこまで喰らいつけるかな〜!

【果たして結果は!?】

  • 【結果】3-5-4(磯部誠-毒島誠-羽野直也)
  • 【払戻金】42,290円
  • 【決まり手】3号艇4コース・磯部のまくり差し

いや〜まさかの結果でした!

スタート前に5号艇・毒島誠が2コースへ前づけを行います。 3号艇・磯部選手は4コース入りとなりダッシュスタートとなりますが、見事にトップスタートを決め、まくり差しを決めました!

1号艇・遠藤選手は1Mターンで毒島選手の引き波を受け流れてしまい6着に。 結果は「3-5-4」4万舟の払い戻しとなりました!

くう〜、スタート展示に動きはなかったから油断してたぞい・・・

でも羽野選手はしっかりトライアル2ndへ進出だね!

【1日目】12Rは白井英治が堅く逃げ!

【1日目の結果概要】

  • 【暫定得点率1位】白井英治(14.00)、池田浩二(14.00)
  • 【暫定得点率3位】桐生順平(12.00)
  • 【3連単平均配当額】3,683円
  • 【1コース1着率】83%
  • 【万舟】1回(2R/3-5-6/15,360円)

【注目のレースの12Rを振り返ってみましょう】

グランプリ1日目12Rの出走表
グランプリ1日目12Rの出走表
  • 【1号艇】白井 英治
  • 【2号艇】椎名 豊
  • 【3号艇】石野 貴之
  • 【4号艇】磯部 誠
  • 【5号艇】羽野 直也
  • 【6号艇】丸野 一樹

個人的に注目したいのは、第37回グランプリ最年少出場の羽野直也選手。 平成生まれで最速GI優勝を飾った選手でもあります。

さて、12Rレースですが、天候は風が強めで、横風が4mほど。 スタートでは4号艇・磯部選手、5号艇・羽野選手が大きく突き出し、磯部選手がまくり差しを仕掛けるも、1号艇・白井選手を抜ききれず失速。

2M前では4,5,6号艇が横並びになるも、5号艇・羽野選手が内側をしっかり差して結果は「1-5-6」! 今節の羽野選手はモーター気配もよく何かしでかしてくれるかもしれません!

  • 2日目に大荒れの4万舟があり、3日目は平均配当が1万5,000円を超えるほどの波乱!
  • トライアル2ndには得点率トップで丸野一樹らが出場!

獲得賞金ランキング!出場選手は誰?【グランプリ2022】

出場選手は誰?

まずは出場選手からチェックしていきましょう。 SGグランプリの出場条件は1月1日からチャレンジカップ終了時(2022年は11月27日)の間で獲得賞金ランキング上位18名が出場できます。

19位〜60位までの選手はグランプリシリーズに出場です。

グランプリ出場選手は?

まずはSGグランプリの出場選手(年間獲得賞金額上位18名)

順位登録番号名前支部獲得賞金額
14262馬場貴也滋賀1億3762万2000円
24205山口剛広島1億2195万5457円
34459片岡雅裕香川9211万1485円
43779原田幸哉長崎9117万5000円
54524深谷知博静岡8903万1000円
63960菊地孝平静岡8600万0000円
73897白井英治山口8380万0457円
83941池田浩二愛知8354万3000円
94444桐生順平埼玉8284万7133円
104787椎名豊群馬8028万5133円
114168石野貴之大阪7826万6000円
124238毒島誠群馬7585万8000円
134502遠藤エミ滋賀7563万7200円
144586磯部誠愛知7423万0000円
154831羽野直也福岡7066万0833円
164719上條暢嵩大阪6623万3000円
173783瓜生正義福岡6541万7000円
184686丸野一樹滋賀6409万5000円

当たり前だけど、今年の顔が揃い踏みって感じだね♪

注目選手を紹介

大注目のレーサーをピックアップして紹介します!

【馬場貴也】賞金ランキング堂々1位!

獲得賞金が1億をこえる馬場貴也
獲得賞金が1億をこえる馬場貴也

まず紹介するのは年間獲得賞金ランキング暫定1位の馬場貴也(ばば よしや)選手!

今年はボートレースクラシック以外のSGに全て出場しており、メモリアルとチャレンジカップでは準優出、ダービーでは優勝を飾っています。

グランプリ2022では滋賀支部の選手が3人と最多であり、その3人で「滋賀支部旋風」を巻き起こしたいと語っています。

どちらかというと年度後半に調子を上げてくる馬場選手はいま絶好調! 「自分史上一番強いなって感覚」とも言っており、目が離せません!

ばば「たかや」じゃなくて「よしや」だからね〜!

【深谷知博】チャレンジカップ2022でVを飾る!

チャレンジカップ2022でVを飾った深谷知博
チャレンジカップ2022でVを飾った深谷知博

次に紹介するのは先日チャレンジカップ2022で見事優勝を果たした深谷 知博(ふかや ともひろ)選手! 元々やまと学校でリーグ戦勝率トップを残し、現在も103期の中ではエース的存在の深谷選手ですが、さらに実力を伸ばし始めています。

2020年までまばらだったSG出場も2021年からはコンスタントに出場。 グランプリの出場は2度目ですが、初のSG制覇は2020年の大村ダービーであり、大村への苦手意識はなし!

チャレンジカップからのSG2連覇なんて見られたら興奮するの〜!

【瓜生正義】史上4人目の3Vかつ2連覇なるか!

史上4人目の記録を打ち立てられるか?瓜生正義
史上4人目の記録を打ち立てられるか?瓜生正義

次に紹介するのは前年度のグランプリで5年ぶりに2度目の優勝を飾った瓜生正義(うりゅう まさよし)選手! 今回グランプリで優勝を飾れば史上4人目の「グランプリ3V」かつ「グランプリ2連覇」という偉大な称号も得られます。

ちなみに過去にグランプリで3Vしているのは、野中和夫選手、田中信一郎選手、松井繁選手の3人。

グランプリを2連覇しているのは、野中和夫選手、植木道彦選手、田中信一郎選手の3人です。 更に!現役選手でのSG最多優勝回数は松井繁選手の12回ですが、今大会で優勝すればその記録にも並びます。

今の勢いを考えると松井選手を抜いちゃいそうだね〜☆

【遠藤エミ】女子レーサー初のSGグランプリ出場!

偉業を成し遂げた遠藤エミ
偉業を成し遂げた遠藤エミ

最後に紹介するのは女子レーサー初のSG制覇・グランプリ出場を成し遂げた遠藤エミ(えんどう えみ)選手! 2015年に初めてのSG・ボートレースメモリアルに出場し、そこから毎年常連のようにSGに顔を出しています。

今年のグランプリが開催されるボートレース大村では、遠藤選手はすでにSG、PGI、G2を制覇しており、水面相性はバッチリ。

まさに歴史を動かした遠藤選手がさらに歴史を変える瞬間を目の当たりにできるのでしょうか!?

こんな瞬間に立ち会えるとは、生きててよかったぞい…!

グランプリシリーズ出場選手は?

SGグランプリシリーズの出場選手(年間獲得賞金額の19位〜60位)

順位登録番号名前支部獲得賞金額
194013中島孝平福井6232万4000円
203557太田和美大阪6215万8500円
214851関浩哉群馬6181万6000円
224337平本真之愛知6125万0000円
234290稲田浩二兵庫6095万9066円
244024井口佳典三重6062万7500円
253942寺田祥山口5680万9000円
263415松井繁大阪5676万3000円
274028田村隆信徳島5547万8177円
284504前田将太福岡5526万7200円
28位以降を見る
順位登録番号名前支部獲得賞金額
294350篠崎元志福岡5333万8000円
303573前本泰和広島5289万2666円
313946赤岩善生愛知5274万6485円
324074柳沢一愛知5230万3000円
334296岡崎恭裕福岡5194万2066円
344362土屋智則群馬5179万9399円
353623深川真二佐賀5115万1319円
364494河合佑樹静岡5030万6000円
374682大上卓人広島4804万4500円
384932新開航福岡4660万9000円
394042丸岡正典大阪4636万5000円
404398船岡洋一郎広島4627万2457円
414643近江翔吾香川4588万7000円
423590濱野谷憲吾東京4552万9266円
434445宮地元輝佐賀4527万9000円
444760山崎郡大阪4502万111円
454061萩原秀人福井4501万8838円
464503上野真之介佐賀4412万円
474075中野次郎東京4400万799円
484237大峯豊山口4333万3000円
494371西山貴浩福岡4273万3166円
504311岡村仁大阪4267万5000円
514297山田哲也東京4261万4069円
524482守屋美穂岡山4254万1000円
533780魚谷智之兵庫4189万5000円
543961谷村一哉山口4121万3000円
554848仲谷颯仁福岡4121万1000円
564573佐藤翼埼玉4109万3133円
574685島村隆幸徳島4068万6666円
584064原田篤志山口4056万7000円
594266長田頼宗東京4030万2618円
603822平尾崇典岡山3995万9066円

同時並行して行われるグランプリシリーズも目が離せなそうじゃのう!

  • 獲得賞金ランキング1位は馬場貴也!
  • 遠藤エミが女子レーサー初のグランプリ出場!

最重要モーターをチェックせよ【グランプリ2022】

最重要モーターをチェック

まずはトライアル1st〜2ndのチェックすべきモーターを紹介します。

重要視すべきモーターの2連対率ベスト5!(2022/6/30〜2022/11/30)

ベスト順位選手名番号2連対率
1馬場 貴也5151.1%
2原田 幸哉4145.1%
3菊地 孝平5944.7%
4深谷 知博5044.7%
5山口 剛4344.5%

注意すべきモーターの2連対率ワースト5!(2022/6/30〜2022/11/30)

ワースト順位選手名番号2連対率
1毒島 誠2539.0%
2瓜生 正義4939.3%
3上條 暢嵩5239.3%
4磯部 誠2940.2%
5遠藤 エミ3141.1%

特に馬場貴也選手の51号機は、優勝こそないものの4優出を決めており、万能型のモーターです。 山口剛選手に当たった50号機は、BOATBoyにも連載を持つ三島敬一郎さんが「出足、回り足、ターン道中の進み具合が良い」とかなりの高評価をしています。

開催地の大村競艇場を攻略せよ【グランプリ2022】

ボートレース大村の攻略

2022年のグランプリ開催地はボートレース大村 大村の完全攻略マニュアルは下記ページから見られるのでぜひご覧ください!

ここでは上記の記事に記載されている大村の特徴と必勝を簡単にまとめます。 大村の特徴は以下の3つです。

  • 【特徴1】海水で浮力があり体重による差がない
  • 【特徴2】風の影響が大きい
  • 【特徴3】潮の満ち引きがある

大村の必勝法は以下の4つです。

  • 【必勝法1】冬(12月〜2月)は強風で高配当を狙う
  • 【必勝法2】順位が操作されている企画を狙う
  • 【必勝法3】SGやG1ではイン天国の法則が異なることを知る
  • 【必勝法4】エンジン通信簿を確認する

予想を行うときは、必ずこちらの記事を確認してくださいね〜!

冬限定の情報も書かれてるからね〜見逃し厳禁だよ〜!

PGI「クイーンズクライマックス2022」は住之江開催

賞金女王決定戦は住之江で開催

ここで併せて、グランプリと似た位置付けの賞金女王を決めるPGI「クイーンズクライマックス」も紹介します。

  • 【開催期間】12月26日〜31日
  • 【優勝賞金】1500万円
  • 【開催場】ボートレース住之江
  • 【出場資格】獲得賞金ランキング上位12名

グランプリとグランプリシリーズの関係と同じように、クイーンズクライマックスとクイーンズクライマックスシリーズが同時に行われます。

こちらはPGI(プレミアムGI)という位置づけであり、賞金はグランプリの1億円とは大きく差がある1500万円ですが、女子レーサーの最高峰を決める大会です。

ちなみにグランプリに出場する遠藤エミ選手も出場するぞい!

出場選手を紹介

クイーンズクライマックスに出場する獲得賞金ランキング上位12名はこちら!

順位登録番号名前支部獲得賞金額
14502遠藤 エミ滋賀7563万7200円
24450平高 奈菜香川4504万2000円
34482守屋 美穂岡山4254万1000円
44050田口 節子岡山3763万1266円
54387平山 智加香川3539万7533円
63900香川 素子滋賀3479万6000円
74823中村 桃佳香川3415万0838円
84804高田 ひかる三重3387万4500円
93435寺田 千恵岡山3267万4000円
104123細川 裕子愛知3204万4000円
114190長嶋 万記静岡3160万4333円
124011堀之内 紀代子岡山2715万1500円

圧倒的な差をつけて遠藤選手が1位に座していますが、優勝するのはもちろん誰になるかはわかりません。

しかし、賞金を見ると、1位と2位の差には3000万円近くの差があるため、もし2位の平高奈菜選手が優勝し1500万円を手にしたとしても、賞金女王は遠藤選手で確定となるでしょう。

グランプリ終了後に開催するため、こちらは後ほどじっくり楽しみましょう!

  • グランプリと似た位置付けのクイーンズクライマックスの出場選手が決定
  • 女王の座を手にするのは誰なのか!?

住之江で起こった大波乱「グランプリ2021」を振り返る

グランプリ2021を振り返ってみよう

ここでは優勝レースで大波乱が起きたグランプリ2021を簡単に振り返りましょう。 レース会場はボートレース住之江です。

グランプリ2021の優勝は瓜生正義

グランプリ2021で優勝を果たした瓜生正義
グランプリ2021で優勝を果たした瓜生正義

優勝したのは瓜生正義選手でした。 1億円を手にした瓜生選手の年間獲得賞金は1億7278万2000円です。(2位は峰竜太の1億4807万6000円)

2016年にも住之江開催で優勝して以来2回目のVとなりました。 去年はまくりで勝利を掴み取りましたが、今年はどんな走りを見せてくれるか楽しみですね!

峰竜太が競艇史上最大の41億円を返還する事件

優勝戦で41億円を返還させてしまった峰竜太
優勝戦で41億円を返還させてしまった峰竜太

そして記憶にも新しいですが、優勝戦ではなんと峰竜太選手が1週1Mで妨害失格! 1号艇でブイギリギリのターンをしようとした峰選手がブイに接触し転覆。

さらに、後続の丸野一樹選手、平本真之選手、毒島誠選手も巻き込まれ転覆してしまいます。

その結果、売上42億円のうち競艇史上最大の41億円が返還! ボートレース場の最大の売上をつくれるレースの一つでもある、グランプリの優勝戦で起きた悲劇でした。

こんな大規模の返還が起きたのに目標売上の240億円は達成できたとか…!

  • グランプリ2021の優勝者は瓜生正義!
  • 峰竜太のターンミスにより競艇史上最大41億円の舟券返還となった!

グランプリ(賞金王決定戦競走)の基本情報

グランプリの基本情報

ここではグランプリの基本情報を紹介します。

  • 【開催期間】12月13日〜18日
  • 【優勝賞金】1億円
  • 【開催場】ボートレース大村(ナイター)
  • 【出場資格】獲得賞金ランキング上位18名

【仕組み】トライアル1stとか2ndって何?

グランプリの情報を見ていると「トライアル1st」とか「トライアル2nd」みたいなものを見ると思いますが、あれがどういう仕組みになっているのか解説します。 まず、出場選手は獲得賞金1位〜6位7位〜18位の2組に分かれます。

後者の7位〜18位は「トライアル1st」と呼ばれる最初の1,2日目に出場し、得点を争います。 そのトライアル1stで上位に残った選手が、やっと1位〜6位の選手と混ざって、トライアル2ndで戦えるというわけです。

トライアル1stは最初の1,2日目、トライアル2ndは3,4,5日目、そこまでのレースで得点率上位6名が、6日目の最終日12Rに優勝戦を行います。

1位〜6位はシード権を持ってトライアル2ndから有利に参加できるということじゃな

【賞金】1位は1億円だけど2位、3位は?

グランプリの賞金が1億円ということをご存知の方は多いでしょう。

しかし、優勝戦での2位、3位はどれくらいの賞金がもらえるのでしょうか? いくつかのレースで順位ごとの賞金を見てみましょう。

順位優勝戦順位決定戦トライアル2ndトライアル1st
1着1億円1600万円53万円45万円
2着4500万円1000万円42万円34万5000円
3着3100万円700万円34万円27万円
4着2200万円500万円29万円19万5000円
5着1900万円400万円26万円16万5000円
6着1600万円350万円24万円13万5000円

なんと!優勝戦では2着でも4500万円の賞金! これは他のSGで優勝したときの最高額(3900万円)よりも高い額です。

さらに3着も3100万円とSG優勝並の賞金がもらえるという、まさに王を決める大会にふさわしい金額でしたね。

優勝戦に出た時点で走り切れば1600万円以上…スゴイ!

  • 獲得賞金ランキング1位〜6位はシード権を持った状態でレースに臨める!
  • 優勝戦では最低でも1600万円の賞金!

グランプリ(賞金王決定戦競走)のデータ集

グランプリ(賞金王決定戦競走)のデータ集

ここでは歴代優勝者と歴代売上をチェックしてみましょう。

【歴代優勝者】どんな選手がいる?

過去10年間のSGグランプリ歴代優勝者を紹介します。

開催年開催場選手名所属支部枠番コース決まり手
2012年住之江山崎智也群馬44まくり差し
2013年住之江池田浩二(2)愛知11逃げ
2014年平和島茅原悠紀岡山66差し
2015年住之江山崎智也(2)群馬11逃げ
2016年住之江瓜生正義福岡11逃げ
2017年住之江桐生順平埼玉11逃げ
2018年住之江峰竜太佐賀11逃げ
2019年住之江石野貴之大阪11逃げ
2020年平和島峰竜太(2)佐賀11逃げ
2021年住之江瓜生正義(2)福岡43まくり

※名前の横に(2)と書かれているのは、2回目の優勝ということです。 荒れやすいボートレース住之江で開催されることが多いグランプリですが、必ずしも1コースが勝つとは言えなそうですね。

近年は1コースが強くなってはいますが、チャレンジカップ2022で6コースから深谷知博選手が優勝したように、グランプリも何かあるかもしれません!

大村のインが強いのってインが勝ちやすい企画レースのせいでもあるしね〜!

【歴代売上】2021年に売上が急上昇!?

過去10年間のSGグランプリ歴代売上を紹介します。

開催年開催場売上前年比
2012年住之江155億1766万5100円-4.3%
2013年住之江149億7425万7600円-3.5%
2014年平和島140億4171万3300円-6.2%
2015年住之江149億6864万3500円+6.6%
2016年住之江148億2925万6000円-0.9%
2017年住之江153億3080万4600円+3.4%
2018年住之江169億6434万4300円+10.7%
2019年住之江204億7535万5400円+20.7%
2020年平和島207億3499万4600円+1.3%
2021年住之江240億7516万4000円+16.1%

実はバブル崩壊後から右肩下がりだったグランプリの売上が2017年あたりから回復していきます! これは競艇界全体に言えることですが、積極的にテレビCMを売ったり、競艇場をリニューアルすることで若い人々が競艇に興味を持つようになり、売上が増加していることが要因でしょう。

この勢いは衰える兆しもまだないため、非常にアツい公営競技と言えますね!

  • 1コースが勝つとは限らない展開がアツい!
  • グランプリの売上は2018年から右肩上がり!

まとめ:グランプリ2022はボートレース大村で開催!王座に座るのは誰だ!?

  • 賞金王を決める大会が大村競艇場で12月13日〜18日の日程に開催される
  • 出場できるのは獲得賞金ランキング上位18名であり、1位は馬場貴也
  • 遠藤エミは女子レーサーの初SG優勝や初グランプリ出場など偉業を成し遂げている

いや〜グランプリへの熱がこもって長々と書いてしまいました! ここまで読んでくれた方はありがとうございます。

グランプリはボートレースの中で最も大きな大会であり、競艇ファン全員が注目するレースです。 初心者の方はこれを機にボートレースにのめり込んでみてはいかがでしょうか?(笑)

では、この記事も随時更新していくため楽しみにしていてくださいね〜!

めがね
めがね
データだけを信じる競艇LOVER。自分の経験則でものを考えると考え方がブレてしまうため、これまでの競艇の歴史で証明されたデータを絶対視している。好きなことは出走表を眺め続けることと、競艇場の現地調査。
  • 当記事はあくまでも執筆者個人の経験に基づく検証で、当サイトはその正確性・再現性を保証は致しません。競艇予想サイトをご利用の際はご自身の判断でお願いいたします。