お友だち向けにお得な情報配信中!!
NEW9/14 無料予想成績上位をキープしてる「舟王」を検証!

1コースを軸に考えるのが予想のコツ!?ボートレース大村(大村競艇場)を徹底攻略

1コースを軸に考えるのが予想のコツ!?ボートレース大村(大村競艇場)を徹底攻略

競艇場施行業者が「ボートレース大村はインで勝負だ」と言うほどインに強い傾向があるボートレース大村。

競艇ファンからも賭けづらく勝ちづらいという印象があるみたいですが、実はいくつかポイントを抑えるだけでも勝率や回収率が変わってくるんですよね。

本記事では、ボートレース大村のお得な情報もお届けしながら徹底攻略していきます。

ボートレース大村の特徴について

ボートレース大村の特徴
ボートレース大村の特徴

では、ボートレース大村の特徴についてご説明していきましょう。

ボートレース大村のコース
ボートレース大村のコース

まず、ボートレース大村がインが強いと言われている理由ですが、「気圧が高くモーター燃焼効率が高い」「スタートが決めづらくダッシュ勢が不利」「直線が短い」など様々な要因で、1コースの1着率の数値が他の競艇場と比べて高いです。

全国1コース着率ランキング
全国1コース着率ランキング

ちなみに、全国の1コースの1着率が50.9%にという数値に対して、「ボートレース大村」は平均67.6%という驚愕的な数値を出しています。

たしかにこれだと「ボートレース大村」は1コースを軸に考える方が良いのかなと考えてしまいますよね。

では、1コースを軸に賭ければ他の競艇場より当たるし稼げるのかな?と思ってしまいますが、そうではなかったりするんです。

実は、ここがボートレース大村の難しいところで、レースによっては1日全体を通して、1コースの1着率が50%以下の時もあったりもするんですよ。

レース展開によって左右されるので、仕方ないと言えば仕方ないんですが、これにはちょっとしたからくりもあるので、それは後ほど説明していきます。

そして、競艇で賭けたことがある方は分かると思いますが、1コースを軸に考えるということは基本的に高配当が期待できないため、トリガミになりやすい傾向があり、それが必然的に勝ちづらい印象がある要因とも言われています。

では、1コースが強い以外に特徴やポイントなどないのかなと思う方もいると思うので、他にどんな特徴ポイントやがあるのか見ていきましょう。

買い目数が増えれば増えるほど回収率が低くなりそうですね、、、。

買っても回収できなれば、負けたのと同じじゃからな。

海水なため浮力があり体重による差がない

ボートレース大村は、海水で塩分濃度が高いため、浮力が発生します。

ポイントとしては、浮力があるということは体重がある競艇選手でもスピードが出しやすくなるため、データとして体重に関する分析はそこまで必要ないという感じです。

ただ、競艇場に関する実績やモーターの調子に関する情報は押さえた方が良いですね!

こういった要因もイン逃げが強い要因の1つじゃな。

風の影響によって賭け方を変える

風の影響に関してですが、春は季節風の影響を受けやすい傾向があり、冬場では北風の影響で強い風が吹く傾向があります

風の影響によってもスピードが出しにくいなどありますが、基本的にはボートレース大村の当日の情報など載っていますので、確認しておきましょう。

向かい風4m以上なら3~4コースの1着率が上昇し、追い風や横風4m以上なら2~3コースの「差し」「まくり」「まくり差し」の2着以上の着率が上昇します。

当日の天候を分析していれば、レース展開次第で高配当が期待できそうですね☆

潮の満ち引きがある

ボートレース大村の外壁はコンクリートであるため、他のボートレース場と比べたら潮の影響がなさそうに感じますが、海水で海に近いため少なからず影響します。

特に、潮が動いて不安定な状態だとスピードも出しにくいので、1コースの1着率が必然と高くなる傾向にあります

また、第2ターンマークの出口はうねりがすごいので、追い抜きづらいのもインが強いと言われている要因の1つですね。

やっぱりボートレース大村はインが強い要素がたくさんあるんですね!

ボートレース大村の必勝法はここにあり!

これまでは、ボートレース大村の基本的な特徴や情報を説明していきましたが、断言します。

正直、基本情報だけを抑えても攻略したとは言い切れないんです。

どこの競艇場でもそうですが、基本情報以外の情報を得ることこそ攻略の鍵なんですよね。

では、ボートレース大村を攻略するには何が情報として必要なのか説明していきます。

これまではインが強いっていう要素が多かったですよね!

そうじゃな。インコース以外の情報も少しほしいのぉ。

順位が操作されている!?

おそらくタイトルみた瞬間「え?」と思った方も多くいると思います。

実は、ボートレース大村の番組構成に関することなのですが、実況者が「大村はインで勝負だ」というぐらいインを主体にした番組も多く、それを元に本命番組を組みたい傾向があり、人為的操作から1コースやインコースに人気選手が選ばれる傾向があるんです。

1コースが有利な競艇場で、人気選手が1コースに選ばれている可能性が他の競艇場と比べ高いなら、1コースの1着率が高くなるわけですよね。

番組構成でレースが左右されるなんて聞いたことないですね。

これでは、他のコースが勝つ確率が減っちゃうのぉ。

3連単に出現してない出目が存在する?!

ここ1年のデータにはなりますが、皆さんボートレース大村で出ていない出目があるというのはご存じでしょうか?

その出目とは「5-4-2」「5-6-2」「5-6-3」「6-4-2」「6-5-1」「6-5-2」です。

この傾向から見るに5コースと6コースの1着率と2着率は低そうなのは分かりますよね。

逆にレース展開次第では2~4コースは1着率の可能性もあるといういことです。

つまり、ボートレース大村の舟券の基本的な3連単の買い方は、1~4コースを軸に風向きや選手データ、潮引きなどの情報を元に賭けると良いのかなと思います

ちなみに、2連単では5~6コースの出目は出ているみたいですよ。

これで、無駄な買い目数を買わずに厳選した買い目のみを賭けられそうじゃな。

SGやG1では今までの法則が当てはまらない!?

一般競走のレースに関しては上記で説明したとおり、1コースが強い傾向がありますが、実力が拮抗しているSG・G1などのグレードレースに関しては、1コース1着率50%以下の時もあり、「1コースの平均1着率が62%」と「ボートレース江戸川の58%」や「ボートレース平和島の62%」と変わらなかったりするんですよね。

なので、もし1コースを軸にせず高配当を狙いたいなら、その日の天候にもよりますが、グレードレースは外せないのかなと思いますので、事前にいつやるのか確認しておきましょう!

グレードの高いレースではインコース以外でも勝負できるんですね☆

何月になんのレースがあるかしっかり確認しないといけないのぉ。

エンジン通信簿を確認すべし

エンジン通信簿
エンジン通信簿

ボートレース大村は、気圧が高くモーター燃焼効率が高いことからモーターの良し悪しも重要なポイントになってきます。

確認するためにはホームページから「エンジン通信簿」や「モータ評価」、「モーター成績評」を見てどんな傾向があり、どんなデータが出ているのか確認することをおすすめしま す!

確認する時は、本日のレース予想の左下をチェックしましょうね☆

ボートレース大村に強い選手は誰だ!?

ボートレース大村に強い選手は誰だ!?
ボートレース大村に強い選手は誰だ!?

2018年~2020年など近年のデータを見てみるとボートレース大村で開催されたSG・G1優勝歴のある「白井 英治選手」「毒島 誠選手」「井口佳典選手」などを軸として舟券を考えた方が良さそうですね!

走り慣れている長崎支部に所属している選手であれば、「原田 幸哉選手」を筆頭に「下條 雄太郎選手」「中村亮太選手」「赤坂俊輔選手」などA1級の競艇選手に注目をしてきましょう。

ただ、天候やモーターの状態、コースによっても左右されますので、あくまで目安として見ていただけたらと思います。

では、ボートレース大村で開催された「SG・G1・G2」の優勝者を一覧を紹介していきますので、参考にしていただけたらと思います!

【ボートレース大村開催のSG・G1・G2優勝歴一覧】

  • 2020年7月:G2「モーターボート誕生祭」 優勝者 篠崎仁志
  • 2020年6月:G1「海の王者決定戦」 優勝者 井口佳典
  • 2020年3月:G2「モーターボート誕生祭」 優勝者 平本貴之
  • 2019年12月:G1「海の王者決定戦」 優勝者 原田 幸哉選手
  • 2019年8月 :SG「ボートレースメモリアル」 優勝者 毒島誠
  • 2019年3月:G1「海の王者決定戦」 優勝者 白井 英治
  • 2018年11月:G1「ボートレース誕生祭」優勝者 岡崎恭裕
  • 2018年1月:G1「ボートレース誕生祭」 優勝者 中越博紀

ここ数年で、地元の選手・長崎支部でSG・G1勝ったのは「原田 幸哉選手」のみなんで すね!

地元の選手でも攻略のしづらいコースと言えるじゃろうな。

ボートレース大村はインを軸に条件に応じて賭けるが攻略のカギ

今回、ボートレース大村の攻略について解説したポイントを簡単にまとめます。

  • 直線が短く、ダッシュしづらいためイン逃げ有利。
  • 向かい風や追い風、季節によって買い目を変える。
  • 5~6コースは基本3連単に絡みにくい。
  • 気圧が高くモーター燃焼効率が高いため、モータに注目。
  • 直線が短く、ダッシュしづらいためイン逃げ有利。
  • グレードレースは高配当が狙える可能性がある。

全国24カ所の中で、堅いレースが多く勝ちづらいと言われているボートレース大村ですが、こういった分析が勝率・回収率を上げるために必要ですので、是非参考にしてみてくださいね!