まくり・まくり差しが決まりやすい⁉「ボートレース鳴門(鳴門競艇場)」の攻略法はこれだ!

まくり・まくり差しが決まりやすい⁉「ボートレース鳴門(鳴門競艇場)」の攻略法はこれだ!

徳島県にある「ボートレース鳴門(鳴門競艇場)」は、インコースの1着率が全国平均よりも低く、荒れやすいことで有名です。

その理由には、水面のレイアウトが関係しています。

インが絶対的な強さではない分、様々な決まり手が繰り出され、中穴や大穴の買い目が出やすいことも特徴のひとつ

そんな「ボートレース鳴門」での予想のポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)の特徴まとめ

ボートレース鳴門の水面レイアウト(公式HPより)
ボートレース鳴門の水面レイアウト(公式HPより)

はじめに、ボートレース鳴門の水面特徴をしっかり頭に入れておきましょう!

ボートレース鳴門は、インコースの1着率が全国平均よりも低い競艇場。

その理由は、競走水面の幅の狭さが関係しており、水面レイアウトを見るとスタートラインから1マークに向かって徐々に狭くなっているのが分かると思います。

これにより隣の艇との間隔が狭くインコースが窮屈になり、差しが狙いにくいためインコースが難しくなります。

逆に、この狭さを利用して3・4コースからの「まくり」や、5コースからの 「まくり差し」が決まりやすいことがポイントです!

また、ピットから2マークまでの距離が短いため、枠なり進入になりやすいということも頭に入れておきましょう。

水面の形状でレース展開がこんなに変わるんですね~!

干潮時は「まくり」・満潮時は「イン」が有利!

ボートレース鳴門は海水を利用した水面です。

防波堤があるので大きな波やうねりはありませんが、潮の満ち引きの影響は受けるので注意が必要です。

満潮時水面が高くなるので全速ターンが流れやすく、1コースの「イン逃げ」や2コースの「差し」が決まりやすくなります。

満潮時は選手たちにとって乗りにくく、レースも荒れやすい傾向があります。

満潮時でも水位の上昇中と下降中では状況が変わり、水位が下がってきている方が乗りやすいようですよ。

干潮時は、水面が低くなるので全速ターンがしやすく、3・4コースからの「まくり」が決まりやすくなります。

潮の満ち引きによる予想のポイントをまとめます。

  • 【満潮時】1コースの「イン逃げ」や2コースの「差し」が決まりやすい
  • 【干潮時】3・4コースからの「まくり」が決まりやすい

満潮時刻と干潮時刻は、ボートレース鳴門の公式ホームページで確認できますので、潮見表を参考に参加するレースを決めると良いと思いますよ!

季節ごとに変わる風向きに注意!

風向きによる成績データ(公式HP・完全舟券攻略ページよ�
風向きによる成績データ(公式HP・完全舟券攻略ページよ�

ボートレース鳴門は、季節による風向きがはっきりしています。

基本的には、夏は「向かい風」、冬は「追い風」のレースが多くなります。

しかし、4月と9月は風向きがはっきりしないため、その日の風向きと風速を確認することをおすすめします。

  • 【夏】向かい風「まくり差し」が決まりやすい
  • 【冬】追い風が強くなり「差し」が決まりやすい

予想の前に風向きや風速をチェックするのが良さそうじゃな

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)での必勝法!

これまで、ボートレース鳴門の水面特徴をご紹介しましたが、加えて知っておくともっと勝ちに近づくような情報をご紹介します!

公式HPで公開される「オリジナル展示タイム」は要チェック!

計測ポイント(公式HP・完全舟券攻略ページより)
計測ポイント(公式HP・完全舟券攻略ページより)

ボートレース鳴門では、通常の「展示タイム」に加えて「一周タイム」「まわり足タイム」「直線タイム」という3つのオリジナルタイムデータを公開しています。

それぞれどんな能力が分かるのかをまとめてみます。

  • 【展示タイム】まくりの決めやすさ
  • 【一周タイム】総合的なモーター性能
  • 【まわり足タイム】ターンをきれいに回る能力
  • 【直線タイム】ターンの出口から最高速に達するまでの足。これが良いとスタートがきめやすくなる

特に「展示タイム」の信頼度が高く、トップタイムを出した選手の1着率が高い傾向にありますよ!

オリジナル展示タイムなんてあるのですね!

中でも「展示タイム」の良い艇をチェックするのがポイントじゃ!

企画レース「とるならなると」は予想しやすい!

ボートレース鳴門では、「どーなるなると2nd」という企画レースが開催されています。

企画レースは予想しやすく番組が組まれているので、初心者の方にもおすすめですよ!

レースの内容をまとめてみます。

  • 【第1R】とるならなると:1号艇のみA級
  • 【第2R】どーなるなると:特賞・なるちゃん特賞
  • 【第3R】どきどきなると:1号艇にA級・2~6号艇にA級orB級
  • 【第4R】とにかくなると:1号艇にA級:2~6号艇にA級orB級

とくに第1レースの「とるならなると」は1号艇のみA級の選手が配置されるので、一時期はインの勝率が90%を超えたことも!

1号艇を1着の予想にしておけば、高確率で当たるということになります。

ぜひ、参加してみてくださいね。

逆に、1号艇を1着から外せば高配当が狙えるかもしれんぞ!

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)で強い選手を紹介!

続いて、ボートレース鳴門での勝率が高い選手を勝率順でご紹介します。

  • 今村暢孝選手(福岡支部):勝率7.83
  • 瓜生正義選手(福岡支部):勝率7.82
  • 峰竜太選手(佐賀支部):勝率7.76
  • 松井繁選手(大阪支部):勝率7.63
  • 濱村芳宏選手(徳島支部):勝率7.58
  • 渡邉英児選手(静岡支部):勝率7.54
  • 魚谷智之選手(兵庫支部):勝率7.54
  • 石川真二選手(福岡支部):勝率7.50
  • 原田幸哉選手(長崎支部):勝率7.49

こうして見ると、ボートレース鳴門のある徳島支部所属の選手は「濱村芳宏選手(B2級)」のみです。

地元選手だからといって有利だとは限らないということでしょう。

予想の際は、鳴門での勝率の高い選手にも注目してみてくださいね!

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)は「まくり」や「まくり差し」が決まりやすい!

ボートレース鳴門はレイアウトの関係で他の競艇場に比べるとインが弱く、その分「まくり」や「まくり差し」が決まりやすいという特徴がありましたね。

しかし、潮の満ち引き風向きなどもレースに影響してくるため、予想の際はそれぞれの状況を見極めることが大切です。

これまで見てきた内容を簡単にまとめてみます。

  • 枠なり進入になりやすい
  • 3・4コースからの「まくり」や、5コースからの「まくり差し」が決まりやすい
  • 干潮時は「まくり」、満潮時は「イン」が有利
  • 夏は向かい風が吹き「まくり差し」、冬は追い風が吹き「差し」が決まりやすい
  • 「展示タイム」でトップタイムを出した選手の1着率が高い

以上のことを参考に、ボートレース鳴門での予想をしてみてくださいね!