ボートレース下関(下関競艇場)の特徴を理解すれば予想のコツが掴める!

ボートレース下関(下関競艇場)の特徴を理解すれば予想のコツが掴める!

ボートレース下関(下関競艇場)で稼ぐために予想のコツを紹介していきます。

ボートレース下関(下関競艇場)の特徴はナイターが開催されており、インコース有利であることです。

また、常に風が吹いているため、毎回の予想に考慮する必要があります。

ボートレース下関(下関競艇場)で楽しく予想をしていきましょう。

ボートレース下関(下関競艇場)の特徴とは?

ボートレース下関の外観
ボートレース下関の外観

まずは山口県下関市に位置するボートレース下関(下関競艇場)の特徴について紹介していきます。

ボートレース下関(下関競艇場)の特徴はナイターレースの開催とインが強い傾向があることです。

以上の特徴について詳しくみてきましょう。

博士!私ボートレース下関(下関競艇場)で予想を的中させたいんです!

ボートレース下関(下関競艇場)は特徴を学べば予想も的中させやすいぞ

ボートレース下関(下関競艇場)ではオールナイター開催で1着を予想しやすい

ボートレース下関(下関競艇場)ではナイターが開催されています。

ナイターレースがデイレースと異なるの特徴は以下の通りです。

  • スタートが難しくなる
  • モーターの性能差が出やすい
  • 1コースが1着を取りやすい

特にナイターレースでは、ボートレース(競艇)で元々有利な1コースがモーター性能により有利になり、1着が取りやすくなります。

1コースは十分に加速ができればそのまま逃げが決まります。

ボートレース下関(下関競艇場)は内寄りでインが強い

ボートレース下関の水面図
ボートレース下関の水面図

ボートレース下関(下関競艇場)の特徴の1つとして内寄りでインが強いことが挙げられます。

以前は海水が入りうねりが強い水面でしたが、ナイター移行時に対策がされました。

そのためボートレース下関(下関競艇場)の水面は基本的に穏やかで潮の影響が少なく、インが強いボートレース場(競艇場)です。

ボートレース下関(下関競艇場)の3つの必勝方法

続いては、ボートレース下関(下関競艇場)で予想を的中させるための3つの方法を紹介していきます。

ボートレース下関(下関競艇場)はボートレース(競艇)のセオリーが通じるボートレース場(競艇場)なので、インコース中心の予想に買い目の予想を絞っても的中しやすいことが特徴です。

ただ、風が吹く会場なので強い風が吹いた場合、狙いは都度変えるようにしましょう。

特徴は理解しました!後は予想のコツがあれば知りたいのですが

ボートレース下関(下関競艇場)はインコース中心の予想を行い買い目を絞ることがコツじゃ

ボートレース下関(下関競艇場)のナイターはインが強いため1号艇1着の予想を狙う

ボートレース下関(下関競艇場)のナイターはボートレース(競艇)のセオリー通り、インコースが強い傾向があります。

そのため、1号艇の1着予想を行いましょう。

本線の軸は1号艇、さらに2号艇と3号艇を2着予想にすることで予想は硬くなります。

展開によって外枠予想もありますが、基本的にはインコースが有利であることを頭に置いておきましょう。

ボートレース下関(下関競艇場)では鉄板予想が強いため買い目を絞り回収率を上げる

ボートレース下関(下関競艇場)はセオリー通りの予想が的中しやすいことが特徴です。

そのため、回収率を上げるには買い目を絞ることをおすすめします。

特に1-2-3が確定のレースを選ぶと回収率が上がります。

1号艇にA級選手がいるようであればまくられる心配がないため、安心して買い目を絞ることができます。

ボートレース下関(下関競艇場)では常に風が吹いているため狙いはその都度変える

セオリー通りのレースが特徴のボートレース下関(下関競艇場)ですが、風の影響は都度考えて予想を行いましょう。

データをみると風速によってインの勝率が変わっています。

ボートレース下関(下関競艇場)は瀬戸内海に面しているため、追い風が51%の確率で吹きます。

風速は穏やかで5m以上の風が吹く割合は少なめですが、水面は常に風が吹いています。

風速が強くなるとインが弱くなる傾向があるボートレース下関(下関競艇場)は、5m以上の風が吹いた時はインの信頼度が低くなります。

手堅く予想をする時は風の影響も考慮して考えていきましょう。

ボートレース下関(下関競艇場)に強いボートレーサー(競艇選手)に注目

続いては、ボートレース下関(下関競艇場)で予想する際に注目したいボートレーサー(競艇選手)について紹介していきます。

注目すべきはボートレース下関(下関競艇場)で優勝回数が多かった白井英治選手と地元選手の寺田祥選手です。

ここでは私が注目しているボートレーサー(競艇選手)を2名紹介していきます

ボートレース下関(下関競艇場)で優勝回数が多かった白井英治選手は巧みなハンドル捌きが特徴

ボートレース下関で優勝が多い白井英治選手
ボートレース下関で優勝が多い白井英治選手

ボートレーサー(競艇選手)の白井英治選手は1997年5月1日からボートレース下関(下関競艇場)での通算優勝回数ランキングで、引退した今村豊選手に次いで2位の20回の優勝経験があります。

白井英治選手の特徴は巧みな鋭角的ターンです。

「関門のホワイトシャーク」という異名を持つ独特なターンで、白井英治選手のハンドル捌きのスキルがわかります。

白井英治選手は特に得意コースがインコースなので、イン有利なボートレース下関(下関競艇場)に適したボートレーサー(競艇選手)であることがわかります。

地元選手の寺田祥選手はスタート事故を起こさないためチェックしておきたいボートレーサー(競艇選手)

ボートレース下関が地元の寺田祥選手
ボートレース下関が地元の寺田祥選手

ボートレース下関(下関競艇場)の水面に慣れた地元選手の寺田祥選手にも注目です。

寺田祥選手はスタート事故を起こさない安定しているボートレーサー(競艇選手)です。

また、寺田祥選手は冷静ながらも強気なターンが特徴です。

モーター性能以上の実力を発揮できるボートレース下関(下関競艇場)の地元選手なので、レースに出場する場合は注目してみましょう。

まとめ:ボートレース下関(下関競艇場)はナイターレースや風の影響のコツさえ掴めば予想も的中!

これまで、ボートレース下関(下関競艇場)の予想必勝方法を紹介していきました。

ボートレース下関(下関競艇場)の特徴は以下の通りです。

  • オールナイター開催
  • インが有利な水面
  • 常に風が吹いている会場

ボートレース下関(下関競艇場)はボートレース(競艇)のセオリー通りインが有利と予想できるボートレース場(競艇場)です。

5m以上の強い風が吹いている場合はインコースの信頼度が下がりますが、弱い風の場合はインコースを軸にした予想を行うことで的中率が上がります。

さらに買い目をインコース中心に絞ることで回収率も上がります。

以上を踏まえてボートレース下関(下関競艇場)で楽しく予想を行いましょう。

ボートレース下関(下関競艇場)はインコース有利なボートレース場(競艇場)なんですね!勉強になりました

風の強さに注目すれば基本的にはセオリー通りの予想で的中に繋がるのじゃよ